なにやら妙な研究してる・そういう噂~環境科学&農生態学系物質循環研究者の日常~
 失敗も成功もあったけど、兎も角皆既日食は終了し、人里でも考えられないほどの天の川はじめ星見も楽しんで、比較的早朝にエキル渓谷を後にして、バスで休みこみで7時間ちょっとでサンティアゴの国際空港に到着。面識のある個人手配旅行の日食観測者の方々とバゲッジドロップのところで会ってびっくり。まあ同じような旅程なら飛行機も同じになるか、という所か。セキュリティエリアの免税店でちょいと買い物をして、のんびりと過ごし、変更になった搭乗口から一路ダラスへ。夜のとばりの降りたころからの10時間ほどのフライトはひたすら眠った。目が覚めるとそこはダラス、となる前に寒い!冷房効きすぎ!!そんな中でも眠り倒し、意外とシャキッとして早朝すぎる時刻のダラスフォートワース空港に到着。入管が自動で結構済むのだけど、引き止められまくりで無茶時間がかかる人が居たりするのを見ると、もうちょっと前処理のキオスクをきちんとしろよ、アメリカ、と思う。私の場合、30秒もなく面倒そうに入管の人が差し出したパスポートを受け取って終了だった。ここでも適当に食べたり飲んだり、のんびりとして午後の出発時刻を迎える。フリーWifiで適当にネットにつながると何かとありがたい。300MB/日のモバイルルーターを今回レンタルしたのだけど、ブログを書きながらだと簡単に容量が消えるのが分かってちょっとブレーキになった…
 搭乗、13時間のフライトは最初こそ眠れたけど、やり10時間近くを埋めるのは結構面倒だった。久々にサスペンス系の冒険小説を読んでいたが、これはこれで面白かったけど…やはり厳しい。疲れるしね。気分を変えて別の事があるようで無い。栄華を見る気にもなれなかったし。
 まあ何とか過ごして、成田空港に到着、何度タキシングを味わったかわからないが、初めて三里塚の旗と構築物を見た。通路側を撮っていたからかな?入国は自動で一発。20秒もかからない。これは便利で有難い。何気に入管の人にスタンプをわざと貰ったけど。その後荷物を取って、ツアー会社の人に一礼して税関、終わったら空港宅配で荷物を送り、電車で家路を淡々と進む。最寄り駅で妻と落ち合い、日本人のソウルフード・ラーメンを食べて帰宅。いやはや、家は落ち着く…と、思いつつ、プライベートなメールを受け取ってノンビリ。データは空港宅配の中なので待つべし。
 荷物の片づけは明日から。そして暫し画像処理もか。気分は来年にも飛ぶが…

FC2blog テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2019/07/06 18:46】 | 旅行
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック