なにやら妙な研究してる・そういう噂~環境科学&農生態学系物質循環研究者の日常~
 日食機材にArduinoが結構使えそう、という話がリアルで聞こえてきた。という事で、ある程度プログラミング経験があり、電子工作関係も多少の経験はある者として選択したのがこの一冊。簡単なプログラミングガイドが巻頭にあるけど、割と応用的な話が多くて面白く読めた。目指すはGPS-RTCの組み合わせて動作する日食自動撮像装置。もう?という話はあるけど、コンセプトを詰めたりしてると直に次がやってくる。…行けるかどうかわからないけど。

 本書には考えることすべてが載っていたわけではないけど、入門書の次に読む本としては結構いける口なのかな?と思った。実用入門書はCQ出版のマイコンの使い方関係の本のシリーズにもあるので、こちらも一通り読んでみよう。

FC2blog テーマ:読書メモ - ジャンル:学問・文化・芸術

【2019/06/07 20:18】 | 本・読書
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック