なにやら妙な研究してる・そういう噂~環境科学&農生態学系物質循環研究者の日常~
 諸般の事情で温泉ホテルに一人走る。ちょっと遠いけど、新旧6万冊の本が並ぶ老舗宿・蓼科の親湯。直前割があった事も理由の一つ。渋滞に難渋したため、到着を見込んだ時刻より小一時間遅くなった。のんびりと温泉に入り、のんびり時間を過ごし、逸品物の夕食を食べ、妻からの連絡を得て、到着時刻を見積もる。と、思う事あり、職場メールをチェックすると…管理職から依頼が。まあ致し方ない。これは日曜にやろう。一人で旅行してきた安宿・ビジネスホテルなら兎も角、こういう凄い宿に一人というのはちょっとむなしい。
 時刻を見て妻を拾いに茅野駅に車を走らせるが、駅近くで混乱。が、その時間がちょうど妻が改札を出るタイミング&電話するときに合い、丁度いい時に拾うことが出来た。30分ほどで親湯に帰り、貸し切り風呂に入って遅い乾杯をした。

 寝たのが遅かったので朝がちょっとキツイ。が、朝食を美味しく頂き、再度風呂に行ってチェックアウト。もうすぐ読み終わる一冊には手を出さなかったのは、どうにも場違いでイカン、という感覚が働いたから。某後輩Q(仮称)から貰った本を持ってくるんだった…

 帰路は2人で。ちょっと眠気にやられたが、買い物をして何とか無事帰宅。
 少々運転の疲れは出たが、気分的にはスカッとリフレッシュ。明日身体を休めたら、月曜に向けて活動開始だ。

FC2blog テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2019/05/18 20:07】 | 旅行
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック