なにやら妙な研究してる・そういう噂~環境科学&農生態学系物質循環研究者の日常~
 昨日は帰宅後暫くしてから強烈な眠気を感じて横になったら今日の朝、という状態。どういうモノか…
 おかげで今日は割とシャッキリしていられた。午前中は依頼原稿を書いて、午後はどうも変、と感じた部分について検証を行うべく昔作ったプログラムを弄ってみたり。1つプログラムを作ることになったけど、そこに至ったら定時が近く、論文を読むことで時間を消化し知っておいたほうが良いかな?という事に情報を注入。
 今日も帰ってみると眠気が…というか、書く気合が…と言う感じ。

 プログラミングが初等教育で必須科目になるのはいつなのだったか。個人的には教科書を教育の時間の尺ですべて終えられないのに、そこにほかの要素を詰め込むというのは如何かと思う。少なくとも理科は環境部分を習うことなく終わっていくそうだ。未だ詰込み色の強かった自分の世代でも、教科書をすべて終わっていない。そこには地球圏での水の循環や天文関係の記述があった事はそれなりに覚えている。今の教科書には酸性雨や環境破壊、気候変動といったものが載っているのは確認しているが…環境関係の研究者としては誠に残念。一方でこの辺りをフォローする科学者って一体どんな考えを持った人なのか、という事、つまりは欠ける教育部分の補強と共に、その世界の本物って何?という事を見せられるかな?と思っている。数年前に小中学校に出前授業をしに行ったりした裏ではそんなお楽しみも考えていた。リアクションペーパーも貰って、自由研究が「鋼の錬金術師(アニメ化されたマンガ、想定年齢層は不明だけど小学生でも結構読んでいたようだ)に見る循環の発想」とかだったら、相当微妙だなと危機感を持ったが…
 今年度は兎も角書き物をしないといけないので、手は上げられないか。落ち着いたらもう一回、もっとできるならサイエンスパブとかやりたいが…

 ということで、きょうもちょっと眠気がキツイ。明日は新宿方面に行きたいけど…う~ん、どうなるかなぁ…

FC2blog テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2019/04/12 18:25】 | 研究
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック