なにやら妙な研究してる・そういう噂~環境科学&農生態学系物質循環研究者の日常~
 出勤してPodcastを聞いて、一息ついたら一気にゾーンに入り、明日の発表スライドを確認し、加筆修正した後通しでアニメーションを見る。これで良い筈、という事で発表スライドを事務局の管理職に送り、核になる絵を英語化し、ストーリーを組み替えつつ学会のスライドを英語で作成する(学会の要請)。終わったら昼。車を用品店でドライブレコーダーを取り付けに出しに行き、折り畳み自転車で職場に帰還。チョイといい感じで昼休みから何やかや明日の研究会と日曜の学会発表のスライドを直しつつ時間を過ごす。
 妻に言われたが、実にいい感じの気象条件、冬用のコート(というか、冬山用品)ではなく、ウインドブレーカーがあってもなくても良いほどに気温は上がっていることを実感。
 夕刻、明日の研究会の準備を手伝い、終わったら…ビミョーな時刻。取り敢えず落ちているものがないかを確認し、それでちょうど今日は終了か、という時刻になった。で、自転車で車を取りに行き、簡単な説明を受け、まっすぐ帰宅。確か今日、妻の荷物が来るはず…。

 いろいろ思うところはあるが、これから取り敢えず発表2つをこなしたら、レビューを再構成し出稿するのが3月末。3月は去るというが、随分色々あって、個人的には足跡を付けて来れたと思う。学会が終わって帰還したら次の研究にさっさと書かれる自分になっていられるといいな、と思う。心身ともに疲れはあるけど、無駄に終わらないようにしなくては。
 Eazy go, hard way

FC2blog テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2019/03/13 19:25】 | 研究
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック