なにやら妙な研究してる・そういう噂~環境科学&農生態学系物質循環研究者の日常~
 何とか起きて朝食を摂り、出発はチョット早め。到着はぐっと早めで、気温はドーンと低めの-5度。寒い訳だ。
 どれくらい空いていなかったか判らない研究室、ポットの水を入れ替え、コーヒーを淹れる。BBCを聞いていたら、インドに牛肉を食べさせる店が出来た!?という、今後の世界の食糧事情を驚かすようなニュースが入ってきた。そして短いな、と思ったら通常30分以上あるワールドニュースが27分ちょっとだった。
 コーヒーを飲みながら、調子を上げるにはちょっと熱い話をこなし、ほっと一息の後、ミニレビュー原稿を書き始める。意外と集中して、気づくと11時半。弁当を買いに行ったら店が来ていない!こんな時頼りな食品の自販機…が、硬貨不十分と千円札もなく、でも低血糖気味でこれはヤバイ、という事で昼がメロンパンになった。
 それでも糖分があると調子が違う。昼にATMと100円ショップ掛け持ちで往復7km強を自転車で。意外と気分よく往復。
 午後はさらにミニレビュー原稿を書き、気づくと半端な時間。調べ物をして、色々処理していたら定時を十分に過ぎ、思うところあって退出。ちょいと寄り道しながら、妙に気合があったのかな?と思いつつ帰宅。暫し妻を待って、団らんの時間。

 明日は国立天文台三鷹キャンパスにちょっとした理由で行く。そのためのハードの準備をして、ザックの重さを測ったら…12.5kg。これを持って東京を走り回る気合は無いので明日は大人しく?往復するのみだが、三脚2本を鏡筒2本+バッテリ+タブレットに変更すると概ねチリでの日食の装備に等しい重さになる。そう考えると、強度試験的にはまあいいかという感じもある。出発時刻を調べて、明日に備えよう。

FC2blog テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2019/01/04 21:15】 | 研究
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック