なにやら妙な研究してる・そういう噂~環境科学&農生態学系物質循環研究者の日常~
 舞う風花が雪といっていい状態になる頃に群馬県水上町の温泉ホテルに到着。チェックインには2時間近く早かったが、取り合えず待つ場所を用意してくれていたのでOK。いつの間にか大規模改装が入って、全く違う感じになっていたのに驚く。早めに部屋に入る事が出来、「団体客が多いから早めの風呂が良い」というホテルの方からのアドバイスもあって、部屋に入って早い時刻に風呂に行った。温泉、いいねぇ!! 夕食はビュッフェ式。その場で熱々を食べてね、という考えでトレイは置かない、調理場が並び、作り立ての置かれる場所のすぐ下の皿を使って取っていく。部屋もだが、こうした形式へのフルモデルチェンジには驚く。
 その後はのんびり。餅つきで、その後の出来立てのお餅を頂き、ホテルマンの生ライブ!?を聞き、のんびりしたところでお酒を頂いて昨日は終了。

 今朝、朝風呂に入り、遅めの食事。10時チェックアウト。路面は乾燥しており有難い。帰り道にイタリアンを頂き、帰宅。

 そんなに本も読まず、だったが、なんだか気分がさっぱりしたのは事実。会議ダメージを回復して、明後日の最後の会議に備えることとする…が、早い時刻なので、TeraTermのマクロを作る事やらKotlinの勉強ってことも考えるが、何となく、眠りたいのも事実で…。それはそれで贅沢な時間の使い方か?

FC2blog テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2018/12/10 16:25】 | 旅行
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック