なにやら妙な研究してる・そういう噂~環境科学&農生態学系物質循環研究者の日常~
 朝一に昨夜作ったリストからネームカードを作る。そしてPodcastを聞いて、ちょっと優雅なコーヒータイム…は長く続かなかった。いったい何が?と思う程ドタバタが続き、夕刻時間が出来たら少し待ちの時間に。政府資料でプリントアウトしていたものを読み込んでいき、方向性やらを考えてみる。そして論文の表を作ろうか、と思ったけど、どうも集中できず、色々あったけど最終的なオーダーを受けてこれは夜のお菓子…じゃなくて夜の間に関数使ってちょいとやってみますか、という感じのものとして、今日は終了させてもらった。…ああ、共同発表者の皆さんからいただいた意見をスライドに反映させて、スライドを整えて国際集会の事務局にメールを送ったのだった。で、取り合えず出勤時間は終了。
 が、その後も悩ましい程の渋滞に3度ぶつかり、通常の1.5倍の時間をかけて帰宅。それでドカッと疲れが来た。が、明日は妻と旅行。どうでも良いけど一週間を過ごせたのでまあいいかと。あ、そういえば韓国の友人からメールで水曜夜に飲もう、というメールが来た。それはとても嬉しいこと。

 そういえば昨日の夜、どうしても上手く行かなかったNikon謹製SDKのデモソフトのソースコードをコンパイルしてデジイチを外部から弄るプログラムで、なぜ動かないかが分かった。dllファイルともう一つのファイルが必要だったのだ。で、ちょっと弄って遊んでみたが、自動で見つけたデジイチを適当に弄って終わるプログラムを作るまでは未だかかりそう。何か月かかるか。Android端末で動くタイマーソフトも作りたいのだが…色々やりたいことはあるけど、時間と気合と気分の問題だな、多分。これで腕を上げられたら…色々やってみたいことはある。年単位で先になるが、ニコンのフルサイズミラーレス一眼であるZ6を入手できるようになったら、これはSDKをつかったソフトでシャッター速度やISO感度を変えるという自動化をしないと日食には使えない代物なので。その頃にデジイチを使ってスチルの日食画像を撮像する、という事の意味がどうなるか、想像は出来ないけど、長足の進歩を遂げているに違いない、とだけは思う。歓声を込みにした日食を疑似体験できる映像表現が普通になってるかな?
 とはいえ、SDKを使ったプログラミングに対してやる気が出てきたのでこれを頑張ってみたい。暫くはコレで遊ぶことにしそうだ。

FC2blog テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2018/11/16 19:31】 | 研究
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック