なにやら妙な研究してる・そういう噂~環境科学&農生態学系物質循環研究者の日常~
 一昨日に発表を終え、「そういう視点で堆肥の行く先を考えたことはなかった」という意見を頂き、まあよかった、かな?にしても、日本の技術やアイデアの遅れを考えるとバイオガスや再生可能エネルギーを重視したときに、結果出る残渣をどうするか迄考えてシステム設計を、という考えはあまりに進歩的であると思わずにいられなかった。もちろんこれが主に畜産行政と研究の怠慢ではないか?と私には思える。というのも彼らの基底にはねじ曲がった被害妄想と臭い物には蓋式のアイデアしかないからだ。

 昨日は空港のあるシュツットガルトに電車で移動し、古いユーロ紙幣を新しいものに取り換えたり、こまごましたことをすうちに眠くなり、一睡。起きたら日付変更を超えていた。少し観光することも考えていたけど、眠気には勝てなかった。二度寝して早めに起き、シャワーを浴びて少ししたら朝食、チェックアウト、電車で空港に移動。空港まで遅れを伴いつつ到着してプリントの状態がバーコードのところでかすんでいるので、エクスプレスチェックインが出来たらやってみよう、と第3ターミナルに行くが、窓口しかなかったのでそのままセキュリティチェックを受け(ここでバーコードを提示するが、機械は読んでくれたからOKか?)、ターミナルから一番遠いボーディングゲートに到着した。

 疲れはしたけど、ドイツの雰囲気、人・風景等、良いです。惜しいのはバーで一杯が出来なかったことかな?いや、今構えている場所・ゲート前にお酒もあるイートインスペースにいるのだけど…さすがに朝一、飲む人はいない。コーヒーを友として、あと30分ほどを待つことにしよう。お土産はワルシャワで何か探そうと考えている。荷物が重いし。

FC2blog テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2018/10/19 16:39】 | 旅行
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック