なにやら妙な研究してる・そういう噂~環境科学&農生態学系物質循環研究者の日常~

ドイツにて

 学会のため14日午前にポーランド航空にてワルシャワ経由でドイツ入り。機内食が結構おいしくていい感じ。機材はB787、悪い飛行機じゃないしB777等より良い感じなのだけど、何かのスペシャリティを感じるかというと、A380程静かでちょっと広めとか程ではない。次に乗ったB737の近距離便の方はもうちょっと椅子に気を回してほしいと思った。移動時間中、相当の時間を眠り、映画がつまらないので本を読んでいたけど、結構アンドロイド端末でのKindle読書が楽しめるだけ、電池が持ったことに驚いた。通信機能を使わないのが吉なのか?
 空港からは30分に1本の電車もあったのだけど、待つだけの気合なく、タクシーで大枚をはたく。15㎞程が4000円しないというと、日本よりちょっと安い?ちなみに機材はベンツの中間的なクラスだと思う。
 簡単な夕食を駅前で済ませて、後は部屋でメールやSNSで情報を拾って返信したりしたら、早々に眠り、中途覚醒に悩み、そして再就寝して朝食。ベーシックだけどおいしかった。そのあとも読書。そして今、やっと調子が出てきた感じ。昼の電車で街を出る。気分は全然盛り上がっていないが、街を移動したらちょっと変わるかな?なんせ学会発表するために滞在するのだから。あー、海外携帯の電源入れたか?職場メールを見ていないが大丈夫だろうか。
 あと少しでチェックアウトするので、そしたら向こうの街で見ることにしよう…嗚呼、これがドイツ出張ですか!?

 いや、発表するのが仕事でしょ、情報収集と意見交換でしょ?…はい、そうでした~

0 Comments

まだコメントはありません

Leave a comment