なにやら妙な研究してる・そういう噂~環境科学&農生態学系物質循環研究者の日常~
 妙に早く目覚め、暫し活動するも二度寝。起きたら昼。行くなら今日、という事で、天気予報で雨かも?というのを確認して八重洲ブックセンターへ。理工書の3Fに行くもそれほど気を引くものが無く、ラインナップではなく、自分の感度の悪さを感じる。で、4Fの人文やら新書を見て支払いを済ませ、近くのスタバ…と思ったら、満席で、東京駅のドトールに行った。こっちのほうが客層の目的が健全な店に思えた。で、秋葉原に行き、ヨドバシアキバ3Fで必要物の購入を済ませ、ふと見たらニコンのフルサイズミラーレス機のデモがおいてある!!誰も弄っていなかったので、さっと弄ってみると…クリアでボケも自然なEVF、自然なグリップ感に統一感のある操作系…何より軽いしコンパクト。D750とD7200を1度にリプレースして普段使いはもちろん、日食機材に最適!と思った。が、底面やバッテリの入るケース内を確認せず、開発中のバッテリグリップにどのような接点が付くのかを考える元情報を得なかったのはおバカ。のちガード下と中央通りを渡ったところにあるねじ屋さんでねじを入手。秋月電商でLED、マルツバーツで電子工作の部品セットを入手し、何となくパーツ街だったところを歩き、ジャンク屋さんの消えた街に涙。そこから望遠鏡店シュミットへ歩く。が、2K540を通らなかったのもおバカ。御徒町の再開発にいつも感じる悲しみを再度感じ、アメ横ではなく道をずらせてみたら、まあ下町っぽくていかな?と思えた。ダイソーで狙っていたLEDライトを買い、外出の目的は家側のスーパーで葉菜を買うことだけになった。

 帰宅。収穫物を見つつ、明日は日食機材のブレのテストを午前に、電子工作や必要そうな在宅勤務を午後に、と考える。しかし…なんかピリッとしないなぁ、という1日だった、かな?

FC2blog テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2018/09/22 19:45】 | 日常
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック