なにやら妙な研究してる・そういう噂~環境科学&農生態学系物質循環研究者の日常~
 昨日神経が持たなくて途中だったワークシートの整理を行う。何を何とどのように検定するか、という事もあるのだけど、先ずはワークシート上に平均値と標準偏差、サンプル数を書きだしていく。終わったらTukey-Karmmerの方法を調べていくが、途中でなぜか挫折。昼を軽く食べたら外出しようともくろんでいた、その時に雨が降り出し…残念。
 午前にたい肥について行ったのと同じフォーマットで化学肥料に関する数字を並べていく…と、なんか変?ここにきて計算が合わない??と謎の減少を観つつ、先ずは形を作り、再計算は明日にと考える。来週は2日出張るので2日しかない。うーん、上手く行ってよ…。と、調子は定時とともに切れ、抜け殻状態で退出。家に帰ったら年休消化の妻がちょうど帰ってきた。

 夕食を軽く取り、次に必要になる加工をすべく、日食機材のジュラルミン板を取り外してケガキを入れた。
 気分は明後日に飛んでしまう。八重洲ブックセンターを彷徨って、後は秋月電商かガード下でLEDをそろえる事。天気がいいから八重洲ブックセンターでポイント2倍が無いのは寂しいが何かしら刺激を得たい。

 10月1日は日食旅行の申込日。だが頭の中で何気に色々な星野の事が頭に浮かぶ。銀河の中心方向が南半球では高く見えるはず。となると超広角レンズが欲しくなる…手に入る範囲で。防振双眼鏡も是非欲しい。他にはない筈、と考えたいが…来年は車検もあった。…と、考えてみると、日食旅行の関係の入金期限も考えると、2-3ヶ月でドカッと支出のある月があることになる。車も日食も、金のかかる趣味というと、そうなるなぁ…旅費だけじゃないだけに!?

FC2blog テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2018/09/20 19:01】 | 研究
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック