なにやら妙な研究してる・そういう噂~環境科学&農生態学系物質循環研究者の日常~
 目が覚めたのは早い時刻。でも何かピリッとしない。どう過ごそうか?とのんびり考えるうちに時間が過ぎる中、ちょいと考えるのが日食機材をどうマウントしたら良いか、だった。当初赤道儀1台に同架するつもりだったが、耐荷重的に厳しい事が判り、ちょいと頭の痛い問題となったのだ。結果的には、吊り下げればいい、という事に至ったが、そうなると、吊る予定だったカメラをどこに置くか問題となる。…まあそれはおいおい考えよう…という事で、当初のシステムでのブレの発生テストを行ってみることはやってみなくては、と思うのだが、その対策後、機材の載るプレートにねじ穴を切って、再度テストをする、という手はずで行こう、というところで落ち着く。後は日食機材類の電源問題。赤道儀とPICマイコンで動く自動撮像装置の電源をどうするか?ケーブル類は足りるのか等、考えると結構厄介。全体を組み立てることをしなくては。
 そんなこんなをするうちに眠気が増し、昼前から随分と眠りこける。
 起きたら、時計用電池を買いに出て、ついでに妻に頼まれたものを買ってくる。体がなまってる感が強い外出だった。

 この週末、やりたいな、と思っていたことは数々あるけど、実行できたことは少ない。ただ、確認の取れたことが多かったり、隠れた問題が明らかになったり…これはこれでありがたいかな、と思ったりした。文書化してまとめなくては…HPには上げない事だけど。
 ツアーの申し込みは10月1日だが、捕らぬ狸の皮算用で、南天の空を楽しむなら、という事も視野に入れたりする。来年の冬のチリに飛ぶ、その楽しみは一杯。
 

FC2blog テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2018/09/09 18:46】 | 研究
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック