なにやら妙な研究してる・そういう噂~環境科学&農生態学系物質循環研究者の日常~
 起きられない朝、ぼんやりと出勤、立ち上がりが悪い。が、乗り始めると意外とプログラムののコードが打てる。が、午前を通してろくなものではなかった。午前が終わったところで、軽い昼食。なんとなく食欲がない。が、適度なお腹の座りが良い感じで、悩み深くもコードを見ていけた。昼休みも青空を観つつ外出は止め。自転車で帰ろう、と思う。…が、午後は調子がイマイチ上がらず、終わってしまった。こりゃ今日は何もできんな、という事で少し遅くに…車で帰った。なんか力が出ない。

 帰り道、本屋で頼んでいた本と星ナビ(天文雑誌)、久々の西原理恵子本、あと1冊を買い帰宅。
 何となく力が出ないながらも、日食の機材の望遠鏡レンズやデジイチをを組んでみる。上手くないところもアリ、最低1つはジュラルミン板に穴をあけてタップを立ててねじを切らないとダメだ。

 マンガでもなんでも、読書数の低下が何となく自分をつまらなくしている感があるように思う。何なのかな?こういう時はアウトプットを出す方向に持って行ければいいのだが、その気合が中々でない。朝一の30分か1時間でも書く事を習慣づけたほうがよさそうだ。これが論文にせよ著書にせよ、増やすには一番いいという人の本も読んだ。でもどう、何を書くか、は難しい。科学エッセイみたいな感じで書けるとありがたいのだけど…

FC2blog テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2018/09/05 19:31】 | 研究
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック