なにやら妙な研究してる・そういう噂~環境科学&農生態学系物質循環研究者の日常~
 起きれない、イマイチ調子に乗れない体の重い朝。疲れているのかな?でも何に?という感じになっている。どんよりした曇り空の下出勤し、午前中にプログラムを弄り倒してまあ間違いはない筈の結果を算出できたようだ。それで昼になる。
 適当に食べて、曇り空を信じて外に出ると意外といい感じの気温。自転車でスカっとドラッグストアに行き、お茶菓子の購入と、リステリン…と思ったら完全売り切れ。モンダミンはどうも…なので、やめ。帰ったら昼休み終了だった。
 午後はぼんやりとした眠気との戦いを制しつつ、プログラムでいろいろ算出結果を出していく。上手くいかないのは?という問題も元データの問題とわかれば対処は簡単に浮かんだ。未だ足らない部分はあるけど、計算状況を見ると悪くはないみたいだし、最低線を引っ張って終わろう。明日は解析にかかり、学会発表スライドを作らねば。
 お茶の時間がちょうど来たので一息つき、最後は事務仕事をして気づけばいい時刻。道…と言うより構内道路の混まないうちに出たいので、早々に退出。
 のんびり帰宅は割と注意力があり、調子は悪くないかもしれない。そして本屋に寄って帰ろう、と外に出たら強雨と言っていい雨。小一時間の違いがここまで?と思う程。注意しながら帰宅する。

 台風、明日は厳しい一日になるとの予報をラジオが伝えている。安全運転、気合入れないとイカンな。

 気分はもう土曜に行きつつある。台風が過ぎても曇り空のようだから。本屋へ…と思うけど、なんだか感覚的に違う気分がする。何なんだろう?日食機材関係?う~ん、やっぱ違う感じ。何がしっくりくるのかなぁ??
 昨日、HPを更新して、少しコンテンツを足したけど…自分の健忘録で発信する価値、と考えると、う~ん。もうちょっと燃えるようなこと(日食機材のメインになるもので発生する振動に伴う画像に影響しうるブレ・振動をどう避けるか問題、ブレはどれほどか問題を解く、等)をしたいけど…暑い日はやりたくない。残暑なら或いは…と思うと10月初旬か?それまではハードウェア工作とファームウェアとマクロの組み立て云々を粛々と進めていくこと、なのか??悩ましいな、何にせよ恨めしきはこの猛暑。

FC2blog テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2018/08/07 19:43】 | 研究
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック