なにやら妙な研究してる・そういう噂~環境科学&農生態学系物質循環研究者の日常~
 起きたのは相当に遅いのだが、起きても目が覚め切らないのが今日。午後に出かけよう、と妻と話していたのだけど、その直前に一睡せずにはいられなかった。車載温度計は38度、という事は路肩の温度計なら36度といったところか。ファミレスで遅い昼食の後にホームセンター、ブックオフ、100円ショップ、書店。ぐるり回って帰宅。書店で天文ガイドが2つ折りホチキス止めから背表紙にある糊付けタイプ(正式に何というのかは知らないが…)に替わっていてびっくり。本当なら日食のない今年は星座写真と撮りたい口なので、星ナビのほうを入手。しかし、体力も気力も落ちている中で、行けるものかな、星座写真に…秋の銀河から冬の銀河へと…。

 トニックシャンプーとシーブリーズでシャキッとして、温度計が31度を指す中、こうしてブログを書いている。昼が33度ちょっとだったので、2度程下がったことになるが、この2度の違いが調子に大きく影響する転換点になって居そうな感じがする。意識のレベルは午前より高いし、何かやってみようかと思うところもある。とはいえ、これから日食機材のファームウェアのテスト基板用のはんだ付け作業ってのも問題があるだろう。という事は、書き物をするのが一番いいのか?と考えたりする。オートブラケティング中にシャッター速度をNikon謹製SDKから弄ることはできない、というのが判ったことで、SDKからデジイチ(D7200)を弄るのはISO感度だけ、ということにして、他はPICとTeraTermの会話で可能な限り済ますことにしよう、と。

FC2blog テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2018/08/05 20:58】 | 日常
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック