なにやら妙な研究してる・そういう噂~環境科学&農生態学系物質循環研究者の日常~
 果樹が有名、というと関東なら山梨か、東北なら青森・山形、近畿なら和歌山、中四国の瀬戸内海沿岸を囲んで…というところが浮かぶが、土壌と気象条件が揃えばOKなわけで、家から行きやすい群馬にサクランボ狩りがあることを見つけていらい、ずっと群馬県・沼田市が的になっている。という事で、今年も車を走らせた。価格は30分1500円から。もぎたてを頂けば、日本の農産物の至宝の一つを口にできるうえ、品種による違いも味わえるのは、果物好き夫婦にはとても有り難い。結構な量を頂き、そしてさらに北上して温泉+ゴルフのホテルに投宿する。外は雨だが、そんな時でもゴルフをする気合のある人が居るのを見て、気合を感じるが…。
 温泉、夕食、ゴロゴロ、眠って今日は十二分な晴れの空て天気予報は外れてくれた。朝食前に露天風呂に入り、青空の見える朝風呂という至福の時間を過ごした。朝食後、二度寝。そしてチェックアウト。帰路は生活物資の購入など、随分と生活色が強くなり、ブックオフで本を売って、ファミレスで軽く食べ、帰宅。

 ブックオフでこれぞ!な本は見つからないことが多いか、あっても新品を買ったほうが高くてもいいや、と思うことが多いものの…やっぱり気になってしまう。病的蒐集癖?イスラム建築の本を見つけたときは流石にうれしかった。来週にはザグレブ・クロアチアにいるはず。その準備にミスがないか、今一度点検が要りそう。

FC2blog テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2018/06/24 17:49】 | 旅行
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック