なにやら妙な研究してる・そういう噂~環境科学&農生態学系物質循環研究者の日常~
 在宅勤務、妻に頼まれた家の問題解決のためにしばし時間を食うも、ある程度の余裕をもって午後のセミナーに臨む…が、電車で本を読みつつ寝落ちするし、なんかいかん!と思いコーヒーの大ボトルを買っておいた。が、十二分に聞かなかった。セミナーでちょっと寝落ちしてしまうが、復活すると刺激がギンギン来た。固体リチウムイオンバッテリの電解質の最前線やリン酸ガラスがケイ酸とは全く違う高屈折率・異常分散を示させるために分子構造の中に重金属を内包させる形でスマホなどの小型の光学ガラス材料に使われているとか(!)、全くビビるようなことばかり。…私は農生態学&環境科学関係者ですが…天文ファンでも特異な方で光学にも興味ギンギンだったんです。当時は故・吉田正太郎東北大学名誉教授の「天文アマチュアのための望遠鏡光学」と「カメラマンのための写真レンズの科学」くらいしか入門書がなかった。カメラを買う前には1年弱立ち読みで主要写真雑誌(アサヒカメラ・日本カメラ・カメラ毎日が三大誌)やその前の基礎的なことや不足する知識はカメラ関係の機械的なところの書籍を読み漁っていました。数がなかったから簡単に読み切っちゃえたんだけど。今は入門者には恵まれた環境だと思う、マジ。今も進化する光学ガラスの素材そのものに度肝を抜かれた感じでもありました。
 興奮冷めやらぬまま電車で帰る…けど期せず足が秋葉原に向いていて、気づけば駅で降りて…夏の旅行で使うショルダーバッグをどうするかがふと浮かんで、カメラバッグを見たら、いい感じのバックを見つけた。大きすぎず、小さすぎない、でも最適値かどうかわからず、たすき掛けしたいし…と考えるとまずはカタログで検討したほうがよいと思うに至る。
 帰路はしっかり起きて本を読んだ。普通のものでも糊口をしのぐが、戦場カメラマンから離れられないでいる半生記。濃密である。

 帰宅し、落ち着いたところでこうしてブログ。日曜から書き始めたステッピングモーターの駆動用PICマイコンのファームウェア、上手く動いたりダメだったりどういうもんだか。ということはあるけど、今日はやめておこう。明日は医者の日。混んでるかなぁ?

FC2blog テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2018/05/22 20:10】 | 研究
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック