なにやら妙な研究してる・そういう噂~環境科学&農生態学系物質循環研究者の日常~
 朝はまずまずの時間に起きて、昨日に続き、Wrapperのプログラムをいじってみる。後はステッピングモーターを動かすファームウェアも弄るが、どうも上手くない。という事であまり前進のないまま過ぎていった。
 で、午後はぐっすり…。よく眠れるな、ほんとに、と思ってしまう。夕刻起きて、妻の提案でちょっと外に出て食事。
 やっぱ出歩かないのは良くない。Amazonで調べたら、5日発売の天文雑誌が2日発売になっていた。うわー、2日工程を詰めるって、出版社の人にはとてつもない苦労だろうな…と思う。日食関連のHPコンテンツを作りつつ、どんなプログラムやファームウェアを作ればいいか、という事を詰めていく。端末になるPICマイコンの回路のファームウェアの仕掛けは判るのだけど、それを統括し、コマンドをPCからUSB経由で受け取って割り振るPICに何をどう動かすか考えるうえでメモが必要になることと、そのコマンドを発信するPCの通信ソフトに必要なコマンドセットもシーケンスは判っても具体的にどんなマクロを組むかはまた別個に面倒である。このあたりの串が通せるようになってきた感がある。後はプログラミングをうまくやることだ…自作回路に問題がなければ。

 Nikon謹製のSoftwre Development Kitを使った開発をしてみよう、という事で、プログラミングの仕方を読んでみて、少し調子が取れた感があるので、必要なコマンドについて調べてみた。シャッター速度の変更はAEブラケティングを切らないとできないとか、ここから得るものもある。サンプルプログラムも読んでみたが、どうもわからないこともあり、明日はこれを弄り倒すことで終われたら良いかな?と考えたりする。
 後は丁番の動きに難があるフィルター開閉装置、どうも見難いのだが、引っ掛かりの原因らしき出っ張った部分があるようなので、それをリューターで削ることが必要かな、とも思う。これは明日、プログラミングに飽きたら…といったところだろうか。

FC2blog テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2018/05/04 20:59】 | 日常
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック