なにやら妙な研究してる・そういう噂~環境科学&農生態学系物質循環研究者の日常~
 一体何を…と思うほど研究の事の転回を感じる。一昨日迄生物多様性で埋まっていた世界が、物質の流れに変わるのだが、そのラグについていけていない。取り敢えず必要な復命書を書き上げ、終わったら提出するもろもろの証明などを準備し、昼食に食堂に行くときに総務に寄って提出してくる。
 昼はちょっと工作室を使って、後はノンビリ。
 午後は研究をどう仕切るかを考えつつ、記憶にあるものを具現化しようとするがうまく行かない
 春の人事がオープンになるが、何も見ていなかった。イカンなぁ。
 いろいろ考えつつ、定時過ぎに仕事にならないので退出、悩みつつ帰路に就いた。

 まだ何か足りない気がするが、一体何だろう?或いは過剰か。
 ともかく疲れているのが何となくわかるので、今日は早く眠って、明日は雨だというから八重洲ブックセンターのポイントが2倍。ならば雑誌類ともども入手に行こうではありませんか、と考える。秋葉原で用足しすることや、望遠鏡店にふらりと行って見るのもいい。真冬の寒さ、と言うが、北海道よりずっと暖かいからさもあまり感じないと思う。が、恐ろしい事に木曜は春雨となるらしいこと。何かな…

 色々なことを考えるのだが、どうも纏まらない。やりたい事出来ること、入手すべきアビリティ…。日食機材の概形は纏まってきたので、次に来るべきは、ファームウェアなどのプログラミングである。これも頭の切り替えが必要かな。その前に、電子工作で発生している不備不具合を完全に治して稼働可能状態にしなくては。

【2018/03/20 18:35】 | 研究
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック