なにやら妙な研究してる・そういう噂~環境科学&農生態学系物質循環研究者の日常~
午後一、というか、丁度昼からのセッションで期待以上の盛り上がりを感じる。企業などの人を読んでの講演会だが、私もすっかりそっち系の人の話を聞きなれてきた所為か、少し冷めるがそれだけに必要部分を突っ込んだりする。2時間チョイのセッションの後、今後のこのセッションの行方に関して話し合い、情報を手に入れて、そして自分は我田引水なセッションをやってみるか?と考えたりする。そんなに真面目に出たわけではないが、そういえば7年前の3.11はここで被災したんだ、と思い至った。今年はさすがに何もなく終わってうれしい限りだが、まじめに出ちなくても何となく名残惜しいと思う。

 16時過ぎに宿に帰り、帰る準備をしてから妻に電話し、終わったらしばし横になって本を読み、ネットで調べた近くのウニ料理屋でウニいくら丼を食べようと出かけた。「函館うに むらかみ」という店。ミョウバンなど無添加だというが、それも関係なく旨くてたまらない味だったが、金額も天国の価格だった。

 帰ってからしばしのんびりして、考え事。何を?日食関係のこと(笑)。進めるべきソフト・ファーム、マクロについて。初めて見ればそんなに難題ではないかもしれない…。でもNikon謹製SDKをきちんと使いこなさないと、というのが一番大変かな。
 関東の冬を思わせる気温が買えると一気に上がる。これがきつそうだ。そして天気もあまりよくない…。帰ることに問題はないと思う。お土産は空港で買うことにして、明日は早めに行動開始だ。と言っても朝ご飯は0700時からなので、ラウンジに入ることも考えるなら0900時には出た方がいいか?あるいはお土産を買って早々にセキュリティエリアに入ろう。当たり障りない?六花亭スイーツでOKと研究室の人たちの合意は形成しているし。
  どれくらい起きていられるかわからないけど、移動中は本が読めるとありがたいが…空港から家までの電車で乗り過ごさないことだな。

FC2blog テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2018/03/18 20:03】 | 研究
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック