なにやら妙な研究してる・そういう噂~環境科学&農生態学系物質循環研究者の日常~
 本当に今週は1日少ない4日勤務なのか?と思うほど物事が詰まって居る感じがする。昨日ギリギリで〆切を終えた後、次の学会発表のスライドを作成していて引っかかるところがあり、色々やっていたらこれか?という問題点を発見。数字を詰めていくと…なるほど、と。ここからグラフを2-3枚書き出すのは不可能ではない、と思う。統計には間に合わない!けど。
 しかしそこまで盛り上がるのに随分と時間がかかったのも事実。イカンな…

 色々泣ける事情もあるのだけど、でも確実に研究のバグがどんどん出てきて、消せているのだから、ありがたいものだと思う。ここを脱したら論文前のデータの検討を共著者と議論して、論文化していこうと考えている。学会が終わるまで無理?と思うと、3月最終週かなぁ…しかし、長いトンネルだったかもしれないけど、出来てみればなんでだろうね?と思うほど短いもの、かもしれない。

 力入れてやることもあれば、スラックに(緩く)来ているものもある。日食関係の機材開発やら何やらは、意外と進められるものを進めていて、進捗も悪くないと思う。難点はあるけど、自分でクリアできる部分がある程度わかっているので多分、何とかなる…と思う。あと10ヶ月で何処まで出来るか、ってこともある。逃げた二月に未練はないが、これからの戦いは公私共に結構大変になるかもしれない。

FC2blog テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2018/03/01 19:58】 | 研究
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック