なにやら妙な研究してる・そういう噂~環境科学&農生態学系物質循環研究者の日常~
 朝ここまで起きられないとは…と思うほど遅くなった。何とか時間に間に合ったけど、イカンな。
 先ずは要旨を書こうと気合を入れるがどうにもならず。暫し外出して戻ったらなんか気合が抜けた。
 昼食、そして午後に面談を行い、終わったら書いていない業績がある事を思い出した。さらにイカン。
 今週中と思った要旨も上がらず、 調子が出ないまま退出になった。

 帰宅して、昨日書いたことを見てこりゃまたイカン、失敗、と思う表現になっていた。
 気合の入らないくだらないけどへぇ~、で読んでいたのが、「本当にあった!特殊飛行機大図鑑」(横山雅司・彩図社)、とはいえこの手の本は予見するまでもない感もあるけど…な感もあったりする。しかし一方で失敗作を暖かく迎えよう、という意味では悪いもんじゃないと思う。著者の愛が感じられる本でもあり、最初こそイケてたけどもう止めろよな「空想科学読本」シリーズより、愛を持って迎える「バットマンは飛べるが着地できない」に近いものだった。
 筋は通っているけど私は同意しかねるのが「科学者と軍事研究」(池内了・岩波新書)でした。個人的に戦争学関係は入門関係やテキストで2桁になる程度には読んでいるし、流行りの地政学も原論的なのを1桁後半は読んでいる。其の上で過去を振り返りつつ今を見て如何に戦争・紛争を避けるにはどうするか、をある程度は考えられるようになったと思う。この関係で一押しは「戦争学原論」(筑摩選書)。そして昨日書いたように自己矛盾を抱えていることも自覚している。

 で、何気にHPに上げていた回路図と部品配置図の配線が違っているのを今日になって見つけた。という事で明日はこの配線を直して、後は寝て暮らすか?

【2018/02/23 20:22】 | 研究
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック