なにやら妙な研究してる・そういう噂~環境科学&農生態学系物質循環研究者の日常~
 クッキーなどのお土産物荷物+一杯を持って車で出勤。ガソリンを入れたら398.8km/21.44L=18.60km/Lとこのところで最悪の燃費を記録した。寒くなると燃費も落ちるか?
 出張の後片付けは、復命書、学会参加費の立て替え払い、成果の登録フォームを引っ張り出して記載・・・まだあったような。まあ色々やりました。
 グループウェアで予定を見たら、明日出張だった。その関係のプリントアウトをする。5分でプレゼンと言うのもある。その準備に一旦集中。ひと段落ついたそのあと、研究費でもうOSのサポートがされなくなったiMac G5を更新しようと言うことでMac miniを買うことにし、そしてOffice mac 2011を加えることにした。ディスプレイは家にあるのを使おう。メールが基本のサブマシンにするのでそれで十分。
 何やかやしているうちに午前中は終了。外は軽い雨があったようだ。
 午後は本の原稿を書こうと言うことで英語と格闘。導入の最後に本編でやろうと言うことを述べ、方法を軽く流し、結果に入ろう・・・と言うところでお茶の時間になった。
 ここでまったりブレイク。
 終わって図表の妙なところはないかをチェックし、適宜修正を加える。終わって丁度定時。そそくさと退出する。

 車で出ると定時よりは20分は早く着く。こういう時間を朝活と言うらしいが、私はいつもニュースなどを聞いたり、興味のある情報を集めるのに使っている。研究を進めると言うより気分を載せる時間である。定時で帰るかどうかは個人の裁量に任されるので(残業代は出ない)、余程のことがない限り、定時には終わるようにしている。それで終われるように、昔から比べると作業効率は極端に上げてきていると思う。忙しい、と言う状況をどう定義するかに寄るが、余裕感が少ないのは忙しいのかな?これから会議シーズンで発表も求められるので面倒はある。が、それも12月中だ。
 1月は研究リーダーのサポートと外部資金プロジェクトの会議。2月は特に何もなく、3月は日本生態学会。
 が、中国から春節後に来ない?とお呼びがかかった。こっちのプロのリーダーに問い合わせると、中国農業科学院は春節(今年は2月10日)から15日間の休みだと言う。週休何日?と言うほど働く彼らには重要な休みだろう。明けてすぐでもいいんじゃないかとリーダーが言うので、2月25日から5日間ほど出かけようと思う。が、その次の週が生態学会なのだよね・・・もう来年第一四半期のカレンダー活動中です。

FC2blog テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2012/11/26 18:30】 | 研究
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック