なにやら妙な研究してる・そういう噂~環境科学&農生態学系物質循環研究者の日常~
 アップグレード版のWindows 8が届いたので、32ビット版を入れてみた。
 VAIO PからRetina MacBookまで Windows 8インストール実験によると、入らないとか、VAIO type PにWindows 8 Consumer Previewをインストールしてみた でも無線LANがデフォルトでは使えなかったとか問題があったとあるが、CP版だから、と言うのが実際のところのように思う。
 前ちらっと書いたけど、64bit板こそ入らなかったものの、32bit版は普通にアップグレードの手順を踏めば入れられた。

1.USB接続でDVDドライブをつないで、BIOSの設定で外部ドライブからのブートの順序を上げる。起動時に外部ディスクからブートするなら何かキーを、と言うことなので適当に叩く
2.Win8をインストールするか、と聞いてくるので入れる方向で弄る。プロダクトキーを入れたら再起動
3.Vistaを立ち上げ、Win8DVDを参照しStartup.exeを起動。あとは勝手に色々聞いて来たりするので、またプロダクトキーを入れるなどする。
4.終わったら再起動。あとは勝手にWin8が立ち上がるようになる。

 無線LANを使っていたが、そのドライバは入るし、画面が遅くなることもない。Vistaよりなんか軽快な感じに動くみたいに感じる。
 が、まだまともに使っていないし、導入時、オフィスソフトを消したりしているのでそのリカバリをなんとかしないといけない。出先でのメールチェックとWebブラウジング、プレゼンに使うことになるのでそのへんは整えておかねばである。
 UIがかなり変わってしまったので、関連書籍も買ったし、勉強するかな。

FC2blog テーマ:雑記 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2012/11/01 19:34】 | PC
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック