なにやら妙な研究してる・そういう噂~環境科学&農生態学系物質循環研究者の日常~
 朝風呂に入り、食後にゴロゴロしながら読書。なかなかに刺激的でジャーナリズムとはこういうものだ、と言う良い見本である。そう考えると日本には通信社はあっても新聞社はないと思う。
 チェックアウトがちょっと早く9時半のため、そこまでまったりとはいかなかった。荷物を地階の置き場へ。暫くはロビー横の空きスペースで読書。どうせならバスターミナルのインフォメーションに行ってみよう、と言うことでぶらぶら。喫茶が併設されていたのでお茶を飲みつつしばし。白馬村を扱ったテレビ番組?が延々流されているのを見て、若く体力があったころのことを思い出す。白馬岳の登頂はまだしてないなぁ・・・村営の山小屋には2回登って、杓子~小鑓~白馬鑓は2回縦走しているが。アルプス1万尺の小鑓はここだが、本当に踊ったのが大学の後輩だったりした。
 昼近くになり、食事に、と言うことで近くの蕎麦屋に入る。う~ん、信州そばだねぇ!という味わいに喜ぶ。ついでにクレープ行ってみる?と妻が言うので、ノリノリで行く。私も妻もクレープをまともに食べることが多くなったのは、結婚して以来であるというのがなんか面白かった。
 帰りのバスは既にホテルに着き、小一時間を読書で過ごす。
 後は運転手さんの腕に任せて帰路に就く。・・・帰宅。
 ちょっとさみしい風呂の宿だったが、まあ何時ものルーチンを外れるのもいいな、と思った。
 荷を解き、明日の準備をする。明日は半日出勤し、昼食後出張。明後日も出勤。両日で連休明けからやる中国プロの準備とプログラム書きか。

FC2blog テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2012/04/30 21:46】 | 旅行
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック