なにやら妙な研究してる・そういう噂~環境科学&農生態学の物質循環研究者の日常~
 調子に乗れない朝。と、午前の後半に成果発表会のスライドを作ってね、という話が来たのでそれにかかって、結構集中したら午前が終わった。
 昼食は7-Elevenの担々麵。もう2,3発辛さも痺れもなく、まあこんなもんって感じ。それはローソンの天下一品監修こってり見たいなもの。
 午後は流れでスライドづくり。で、危なく今日ある別ネタの計画検討会に遅れるところだった。…これはまあうまく終わっていき、ほっと一息。再度スライドづくり。
 で、構内道路が固まる前に退出。ペースが遅い流れに乗って帰宅。意外と遅くならない。昨日は余程買い物に時間がかかったか?
 帰宅したらドカッと疲れが出て横になる。眠れそうで眠れず、結果的に起きてこれを書いている。

 AmazonでUSBケーブルチェッカーというものを売っているのを見た。ちょうど改造ケーブルを作ったし、こういうものがあっても良いのか?事故的に壊すよりは…と思ったが、部品箱を見て見ると、必要なコネクタ…ここではType Cとmicro BのDIP化基盤があった。USB2.0までなら、電源の+、-、信号の+、-の4本で、micro Bはもう一本あるけどこれは電源の-につなげているので関係ない。各線が逆にならず混線せず繋がっているかどうか調べる要件ならという事でテスターを使って導通テストをすればいい。一瞬買おうかと思ったケーブルチェッカーだがその用は足せると判明し、買うのは止めた。
 結果、半田付けが悪かったらしく、昨日3本改造したうち1本がはんだ不良と思われる失敗作だった。イカンな、こんなでは。という事でもうちょっと気分が乗ったらはんだ付け作業で修理するか。確定申告は週末やろう。
 USBケーブルチェッカーが売られているのは、安物コードに問題がないかどうかをチェックするため、らしい。そういう経験はないけど需要があって、Amazon Primeで売られているのは1500円超え、中国直送だと600円切りという価格で売られている。あまりうまくない自作派なら或いはと思うが、私同様DIP化基盤くらいは持っていてもおかしくない。…もしかして、使えるけど絶妙な線で不要な売り物ってやつ?秋葉原の半分冗談のような、でも特殊な条件では役に立つ、そんなサンコーレアものショップで売られていそうなもの。

 日食関係の工作・試験も相当に終えられるし、問題も多分なく使えると思う状態に持ってこれたと思う。
 この週末は天気が良い予報だから、3つの機材を出して稼働試験をしよう。思ったように動いてくれるか、そのトライアルは何度やっても悪くない。…日食観測は意外なほどに筋書きの読めない時計仕掛けのドラマである。昨年は自動導入経緯台が壊れてたりしたし。意外と冷静に対処できたと思うけど、こういうハプニングは草間彌生作品と違って起こってほしくないものだ。
 という事で中国出張前の気の滅入る事務仕事をいくつかして、あとは来週行くことになった宇都宮出張の準備を進めよう。そして来週は10日から出る韓国出張の旅行関係の準備をしなくては。

FC2blog テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2024/02/29 21:08】 | 研究
トラックバック(0) |