なにやら妙な研究してる・そういう噂~環境科学&農生態学の物質循環研究者の日常~
 とある国際集会が午前中で終了。時刻通りで驚くばかり。兎も角興味は持ったし面白かったけど、基礎のキに引っかかりがあるまま終わったのは残念。
 終わって一息ついたら昼食を買いに出る。スーパーの弁当、チャーハンとマーボ豆腐のコンボ、夕食にコロッケと手羽のピリ辛揚げも買った。弁当は意外と、というと何だけど、考えた以上の味で美味しかった。マーボ豆腐もまあまあピリ麻辣だった。もっとガツンと来てもいいんだけど。
 午後は気合入れて論文の推敲も兼ねた論文の過不足チェック。読み込み2回、間違いなく引用をチェックし、終わったら編集に出稿。受領確認を得て、ほっと一息。学会要旨は昨日出したし、小躍りしたい気分。英語で気になるメールが2つ来たけど、はてさて…まあこれは明日。他のメール、事務をちょっと済ませて時計を見るとまあいい時刻。帰宅ラッシュに構内道路が固まって動かなくなるには少々時間はあるが、今日はともかく帰りたい。簡単に片づけて、終わっら早々に退出する。…と、結構な時刻だった。
 帰路は流れが遅く、しかしそれが渋滞を回避してくれる速度になったようで、渋滞というには緩い状態しかなかった。
 帰宅、疲れがどっと出て一休みしてからこれを書いている。

 昼に買ったコロッケと手羽は帰宅後一人祝杯を上げようという事で買ったのだけど、昼食を食べ始めて食欲爆発となり、コロッケは昼に消費してしまった。お酒は何があったか。ハイボールと濁り酒があった筈。
 こんな程度で、という話はあるけど、やっぱり一本原稿を済ませた後の終わった感はやはり良い。

 明日は事務仕事と学会発表の準備2つで、緩く事を進めようと思う。なんかこの2、3か月、原稿に妙に燃えた感がある。充実してるけど、ひやひやものもあったのは事実。ストレス耐性があまりないし、一息抜くのは悪くないと思いたい。そこまで参ってはいない筈だし。

FC2blog テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2024/01/31 19:22】 | 研究
トラックバック(0) |