なにやら妙な研究してる・そういう噂~環境科学&農生態学系物質循環研究者の日常~
 論文やプログラムを読みつつ、でも身の入らない一日。明後日の午後早い時間に出発する。
 それまでがちょっと落ち着かない。通常の海外旅行もウキウキ感はあるし、学会や研究打ち合わせなどでもワクワクはあるのだけど、日食前はそれらとは別種の何かがある。この辺が中毒するとも罹患するとも言われる所以であろう。私自身はそろそろ天気予報が気になる位な感じなのだけど、人生の気合が強い人達の間でギリギリの時間にメールなどで交わされる話が、強烈に熱くて濃いのに溺れる~という感じもある。

 定時に退出し、家で荷物のチェックをする。大丈夫な筈、だけどちょっと怖い感じも…。明日は2つあるトランクの1つを空港宅配で送り出すのもアリ、ちょっとした緊張感がある。ESTAは確認しているし、最後の最後はWifiを借りることだけど、そこに問題があるとは思えないし…やっぱもとより入れ忘れってのが一番怖い。出したものは同じ箱に入れる、という事をしてきたけど…。旅行に出ての心配は、バックパックの強度。インドネシアの日食の時に安い山用ザックを充てたところ、帰りの最後の飛行機に乗る直前、肩当の付け根の縫製が切れて割けた。肩当位置の調整機能で何とかつながっていて使えたけど、同じことが今のバックパックで発生したら即終了である。

 来週一週間居ない事になるが、大丈夫だろうか…居ない時は致し方ないけどね。この辺は割り切りしかない。

FC2blog テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2019/06/27 21:07】 | 研究
トラックバック(0) |