なにやら妙な研究してる・そういう噂~環境科学&農生態学系物質循環研究者の日常~
 朝奇跡的に?起きられた。が、出勤してからの立ち上がりは良いが、どうも調子が低い。簡単だと思う事務所類が書けない。なので昨日までの統計検定を軽くチェックして、別のExcelのワークシートの統計検定を行う。これは何とかこなして、終えたら暫し空白。リブートして他の事を、と考え発表スライドを作り始めるが…調子が出ない。困った。
 昼食、外に出ようかと思ったけど、どうも気分が乗らない。早めに午後を開始、暫し書類を眺めるが…眠い…沈没。イカン!と一瞬目覚めたが、次の瞬間には…何に疲れている?が、事務仕事は上手く回せたのでまあいいか。幾つか小間事をして定時過ぎに退出。

 急ぎ焦らず、まあまあの調子で帰宅。でも少し日食関係の工作をする。配線類がどれくらい要るかを考えつつタッパーウェアに入れてみるが、最終的には全部組み立ててみて動作チェックしたときにすべて使うべきは使っているので、そこから冗長性を持たせるには…と言う段に行けたらいいな。今週末のCP+は止めて、日食の準備に使おう。7月頭でしょ?と言われるとその通りだが、準備以上にピント合わせなどのトレーニングをして、機材の扱いになれることは必須。特にピント合わせは重要。
 ハードウェア製作は無いけど、部分的に動かしてきたソフトウェア(マクロ)やファームウェアの改良は起こり得る。
 あとは偏光撮像装置の偏光板のアライメントをすることが重要になるかな?
 段取りも考えて詰めていかなければである。こんなことをしてると、6月最終週はこの1,2月よりずっと早い速度で進んでいくことが考えられるが、はてさて。

FC2blog テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2019/02/27 18:59】 | 研究
トラックバック(0) |