なにやら妙な研究してる・そういう噂~環境科学&農生態学系物質循環研究者の日常~
 午前中の一番に高校生ポスターを見て、色々な、時に純粋な想いを知る。ただ、その直後にシンポジウムのセッションが始まってしまい、不十分なままだった。シンポジウムでは質問も上げ、何かを引き出したい、が、一方でやはり物事いい加減さを感じないでもなかった。そんな訳でシンポジウムあとには高校生ポスターもとうに終わり、午後の総会へと動いていくのだが、なんか気合なくホテルに帰って休み、そして一刻も早く、という焦燥感を感じ論文のイントロを書き換えて缶詰気分を味わったりした。
 そして夜は学会の懇親会。神奈川のおいしいお酒を頂き、色々な人と話して本来時間より5分早く退出。
 気がj付いててみればこの時刻…
 何より、早く書かなk手は、ちう思いが強い。Perish or Publishである。

とはいえ、疲れた…明日は午前で十分としtげ、朝一に備えて、眠ることあり、かな?

FC2blog テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2018/08/30 21:55】 | 研究
トラックバック(0) |