なにやら妙な研究してる・そういう噂~環境科学&農生態学系物質循環研究者の日常~
 二日酔いはないのだけど、昨日の疲れがどっと出ている感じが続き、午睡。ともすると次の日?になりそうな入眠時刻だったが、夜になったと言っていい時刻に目が覚めた。長細い1Lサイズのペットボトルを収めるクッション袋を100円ショップで買ったので、その内張に底面は10mmの円形、円筒部分は5mmのスポンジゴムで強い衝撃に耐えられるようにして、望遠鏡収納クッション袋にした。もちろん長さが足らないのだけど、そこは円形の大砲レンズキャップフードカバーで覆うこととした。底面には10mmのスポンジゴムが貼ってある。他、ホットシュー取り付け型格安小型自由雲台を使いやすくするプラスチック部品などを作って、水平に置きたいアクションカム用水準器付きのプラ板やらを作ったりする。
 止めはPICマイコンのファームウェアのデモをプログラミングするのに四苦八苦。古めのデモをDLしてやってみたら何とかうまくいった。これはこれで一歩前進。前回やったように、TeraTermから信号のやり取りができるかを確認すること。あとはSoftware Development Kitを使ったカメラ制御のプログラムを作ることか。ステッピングモーターを回すことも重要、これは明日やってみるか。

FC2blog テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2018/04/29 23:07】 | 日常
トラックバック(0) |