なにやら妙な研究してる・そういう噂~環境科学&農生態学系物質循環研究者の日常~
 妻に起こされる日々、申し訳ないのだけれど、やはり起きられない…。でも出発は早めで、出勤も早め。
 今日は10月南京の学会の要旨を書き終わろう…という事でやってきたが、のんびりした朝の立ち上がりから、何気に気合が入って意外な速度で書き終わった。400語を1割弱超えるが、ま、取り敢えず、と考え、共同研究者に回覧メールを回す。終わったら、研究員のHさんからポスターを見て欲しいという事で相談を受ける。データ数と相関係数が分かっていれば、相関係数間の有意差検定は出来るのだから、モデルの適合性を示す相対指標であるAICだけを示すより定量的ではないか、と提案。これをZ検定だと思っていたが、zは登場しても、「2つの相関係数の検定」というのだと統計の本で確認し、Z検定とは別物だと判る、自分の失態。貴重な時間を無駄にしてしまって申し訳ないが、正しい方法を提示してチョイと計算してね、という事となった。
 外国出張関係の書類を作成し、終わったらまあいいか、という昼の時間。

 麺類に逃げ気味だが、今日の麺は酢醤油冷やし中華で、これが苦手な私。野菜も多めに…という事で定食とした。その後、ちょっとした用足しで自転車を走らせる。

 午後はちょっとした打ち合わせやらメールの事を考えたり…で、気づくと随分と時間が経っていた。お茶の時間を軽く済ませ、今日出来る最後の詰めをして、気づくと定時を過ぎていた。キリも良いし、退出。雷雨注意報が出ていたが、雷こそなくても、雨が降ったと思うと強雨となり、からっと上がってまた降ったり…局地的な雲の状況の下を走ることとなった。帰宅したときに雨のないところで良かった。

 Jpegの山から動画を作ろう、という事で手持ちのソフト使えたか?と漁ってみるが、どうもイマイチピンとこない。フリーウェアをDLしてくるか、或いは手持ちで出来るのか、もう少しWebで調べてみようと思う。後Webで調べたと言えば、Kotlinの件。Androidの次の公式言語になる、と言い、Android Studio 3から実装されるという。今のところ安定版は2の系列なので、JavaとC++だそうだ。なぜこんなことをしているかと言えば、SonyのデジイチはJavaでSDKが提供されており、Androidタブレットから操れるらしいので、これを日食の自動撮像に活かせないかと考えているのである。これまでバッテリグリップの改造とPICで済ませてきた自動撮像に関しても、今回軽さに感激せずにいられなかったD5500をメインに据えよう、という事で、NikonのSDKがC++で提供されているので、これを使えるようにしたいとも思っている。でも来年は日食無いし、という話はあるし、再来年はチリかアルゼンチン…価格はぶっ飛ぶはずだが、どうなるか?行きたいけど先立つものを何とかするのと、軽くて十分に使える機材を構築しておきたい。となると、来年は言語習得にちょうどいい時間じゃないだろうか、と考えたりするのだが…

 あとは昇格云々あったのだが、私には縁がないよ、という事だけが分かったので、では好きな研究をして論文を書き続けることが私の行く道になるな、と考えた。いろいろあって雑務免除の特権と昇格を天秤にかけるなら、私は特権を選ぶ。退職金も年金も期待しないなら、楽しまないのは大損である。

FC2blog テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2017/08/30 20:26】 | 研究
トラックバック(0) |