なにやら妙な研究してる・そういう噂~環境科学&農生態学系物質循環研究者の日常~
 早くに目覚め、TeraTermという外部通信端末ソフトで揃えているマクロ言語で何となくだけど、簡単なプログラムを組んでみた。いろいろ面倒はあるけど、やってやれないことは無いか…とも思ったりするが、100行無い、半分弱が変数の初期条件とその操作で終わって、本質的に通信に使うのは40行ほど。BASICライクで整数精度の数字しか使えないけど、結構使い出があるな、と思う。困るのは実験的に動かすこと。時刻はプリセットするので、面倒というと面倒なのだ。そんな訳でしばし時間が過ぎたら眠気…ということで、昼前から眠り、昼ちょっと遅い時刻に起きる。ふと、今まで作ってきたカメラコントロールシステムのPICマイコンを使ったシーケンサとデジイチを繋いで仮稼働してみる。取りあえず動く。という事はいいのだけど、イマイチ精度・確実性が高くない。そんな訳で何度かプログラムを書き換えては実験する。プログラムの容量の関係でメモリがかなりいっぱいなので、ブートローダーというPICマイコンへの書き込みがUSBケーブルでできるというソフトを入れてられないため、2個のPICマイコンを書き換えて交換しつつ実働させて実験してみるしかない。基本が操作の待ち時間で決まるので、あまり複雑なものではないのだが、デジイチ2台シンクロ制御がなかなかうまくない。何やかやするうちに時間がすごく過ぎてしまった。まあ…実のある話だからいいのだけど。あとはサーボモータ3個を順次動かせるか、という事。非常時スイッチを確実に使えるようにファームを組むことも必要か。

 そんなこんなで一日終了。気づいたら今日は土曜日で祝日な昭和の日なんだね。個人的に3連休の中日である、という事を忘れていた。1日儲けた?でも出来ればシーケンサの本チャン基盤をきちんとしたものに作り替えたいのだが…ファームウェアは関係ないし。でもその前にステッピングモータの稼働ができるようになることが必要か。明日はこっちのちょっとした工作とファームを組むことにかかろう。

 休日の日食工作も今が山かな?あとはファームウェアと実働試験とPCのプログラミングで休みの後半も終わるんだろうなぁ…それはそれで充実していいけど。

FC2blog テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2017/04/29 21:26】 | 日常
トラックバック(0) |