なにやら妙な研究してる・そういう噂~環境科学&農生態学系物質循環研究者の日常~
 電車とバスの通勤、本来の形だが、本が読めて有難い。でもこれから本来の秋・冬となったら、自転車通勤を導入をしたい。
 何となく焦点が定まらないまま、復命書を書き、幾つかの申請書類をこなし、終わったら昼になった。

 昼食、食堂で食べるべきだが、空腹なはずなのに拒食気味?なんでも詰め込めればと、電子レンジでパスタをゆでて食べた。往復6kmの自転車でちょいと買い物に出かけ、昼休み中に帰れた。

 午後は本の原稿や来週末〆切の学会要旨について考える。少しずつ筆が進むようになるも、詰め込みたい知識を詰め込めない、困った状態に脳みそが陥る。ExcelのVBAを弄る前段階の事を考えたり…悩みコンフリクトを繰り返しながら数字を見て行く。ざっと浮かぶところがあるので何とかなるでしょう…と思いたい。
 お茶の時間をさっと済ませて、来週に向ける事を考え、幾らか手を動かしてバスの時間となった。この辺に柔軟さを持たせられないのが難点に思える。駅に行きさえできれば、鉄道はある程度本数がある。

 帰りの読書も快適に進んだ。考えることの多い「キリスト教と戦争」(中公新書)だった。
 帰宅し、9月の簡易家計簿をつけ、ふと日食ツアーの事を考えて書類を見て、予約金を収めたかどうかが気になって通帳を開いたら、今年初めには収めていたことを確認し、ほっとした。来年2月に航空会社のチケット代とサーチャージが決まったら、第2四半期が始まるころには価格決定となり、残金を払い込むことになりそう。結構な額だが、着実に資金繰りすれば無理ではない額だ。
 その時使うハードウェアの一つを作りつつある。一緒に使うファームウェアは作ったので、後はAndroid端末向けのプログラミングだ。焦らず騒がず、着実に進めていけるようにしたいものだ。…つまり研究も趣味も、という事になる。今月は早く本の原稿を書かなくては。

FC2blog テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2016/09/30 20:10】 | 研究
トラックバック(0) |