なにやら妙な研究してる・そういう噂~環境科学&農生態学系物質循環研究者の日常~
 朝はそれなりに遅く起きる。Android端末で動かすソフトを作るために少し勉強系の本を読み、HP作りする。外は氷雨。少しずつ、荷造りを始める。望遠鏡レンズの地面に置くときとかのクッション材があった方が良いな、と考え、ザックの底に敷く発泡ゴムフォームがあるといいかと考える。が、眠気が出て、ぐっすり二度寝。
 13時から妻とファミレス&買い物に出る。ホームセンターで目的物・発泡ゴムシートは簡単に見つかったのだが、文具に何となく考えるところのダブルリングのノートが無く、これは寧ろ100円ショップの仕事か、と考える。

 暮れなずむ時間、注意しつつ帰宅。アマゾンから早くも発注したモノが届く。
 日食の準備で必要な製作物は、太陽撮像用のガラス製D5フィルター(光の量を100,000分の1にする)を搭載するフィルターホルダーに望遠鏡レンズのフードにきっちり嵌めるための緩衝材を付けることと、上述のフィルターホルダーに付けるピント合わせ用の金属膜を蒸着したD5フィルター(光の量を減らすとともに紫外線・赤外線など目に悪い部分をカットするフィルム)のホルダーを作る事。
 後はアンドロイドアプリで定刻に操作を指示してくれるソフトを、勉強して作る事で、これは2月中旬までに。後は装置を実際組み立てて、ブレの調査を含めた稼働試験を行う事。
 必要物資が完全にあるか、冗長性を持たせるなら何か、も調べておきたい。

【2016/01/30 19:07】 | 日常
トラックバック(0) |