気合いなき日々か?

 自転車で出勤、読書もまあまあ快調だったし、いい出勤だったと思う。
 少し調子を上げようと動き回り、nprを聞いてアメリカの同性婚問題は6,7年前からやいのやいの言っていたけど、やっと社会包摂されたのか?と思う。とはいえ、社会のカーストは低いんだろうけど・・・「格付けしあう女たち」と言う本の告げるところのように(M准教授から聞いたが、それが今ママ名刺になっている。アホクサ)。
 何故かまわりすぎるループの謎が何となく解けてしまい、どうして?と思うが妥当な線に落ち着く。OECD関係でつながっている方から農業環境指標における養分(窒素とリン)バランスについて共闘態勢で行かないとな、と思う。

 昼食は軽く。食欲がどん底でもペペロンチーノは好きだったので、研究室の自転車、所謂ラボチャリでちょいと買いに走る。

 午後、論文を読もうと努力し、論文の別刷りをカバーレターを作って送る手はずを整えて出す。他にもいくつか雑務をやりつつ、気づけばお茶の時間。何となく集まって、お菓子の話やら何やら・・・つながり上11月南京の学会には出たかったが、10月北京のみと言うこととしているとか、ポスドクYさんは南京なら会いたい人がいるとか。
 11回目の訪中に向けて、出張関連書類を書き始めた。詳しい日程、特に帰国日が確かではないが、兎も角書いていく。

 明日は雨だというので車で帰宅し、昨日もやったが、Lアングル版軽量マウンティングが随分と良さそうなので、再度テスト撮影でブレを見ようとセッティング。もう少し暗くなったら、と時間待ちしつつネットを回ってみたりする。来年の日食には全景撮像にサムヤンの対角魚眼を使うか?と思ったが、オリンパスのボディキャップレンズが安くて良さげだと思った。何より軽いのは有難い。9月のオーロラには対角魚眼を持っていくけどね。

テーマ : 研究者の生活
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

M氏

Author:M氏
食・農・肥料にまつわる物質循環と環境影響について、ヴォイニッチ手稿みいな暗号・謎の世界をを解いていくことに喜びを覚える科学者の一人。
 謎な生態、日々の私生活と研究生活、そして何気に読んだ本のことや日食観測者としての活動状況等々、書き綴っていきます。


にほんブログ村 科学ブログ 農学・森林学・水産学へ
にほんブログ村
 リンクはフリー、ブロ友はいつも募集中

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

カテゴリ

来室者数

月時計-LunarDial-

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

月別アーカイブ