なにやら妙な研究してる・そういう噂~環境科学&農生態学系物質循環研究者の日常~
 どうもシャキッとしない出だし、しかし何とかプログラムを組む方に動く。標準偏差を出すプログラムを書いていたのだが、頭の中で混信する・・・同じ数の因数が複数ある所為もあって、あれ、これは○○の意味で、××ではなかった?と悩ましい。取り敢えず数字を抜出し、残差積和とデータ数を取り出すルーチンを作って、午前中が終わった。

 昼食・・・はちょっと軽く。通帳記入に往復6kmくらい自転車。お茶菓子などを買って帰り、早めに午後を始める。

 午後に入っても覚醒感がない。コーヒーは胃に重いので飲めず・・・取り敢えず午前の続きのプログラムを作り、標準偏差とデータ数の表示部をつける。動かすと妙に早い・・・が、データ数が妙に多いぞ?1つしかないのになぜ3と出る??
 もやもやはお茶の時間にも進み、へぇ、と思ったのは大学時代女の子は料理は出来なくてもお菓子は作れると聞いたが、と話したら、計量器具があればできるものだから、とパートのGさん。その辺が無い契約研究員のHさんは料理は出来るけどお菓子はダメ、だそうだ。「まさかMさん作れるの?」と真顔で言われたのには・・・「出来るわけないです」実際。私は何でもやってしまう口だと思われているようだ。それは研究に関してであって…などという事もないぞ!!取り敢えずMに振っとけ、というのに遭遇したことは、多分普通の研究者より多いかもしれないが。

 メールを見たら、韓国はMERSだっけ?感染症と、旱魃で大変だそうだ。梅雨前線が北上しない今、この危機をどうしたらいいのか、なんだか私の方も不安になる。シェアと無料の各種キムチは韓国の美徳だと思っている(一時有料の時があった)。中国からファイル共有サイトが使えないので、郵送してくれとの事。農業科学院の住所を調べ、移転した韓国農業科学アカデミーの住所もついでに調べた。
 明日送ることを脳みそのスターターに使えるか?ということで。

 定時、どんよりしている要因が精神的なモノなら、運動するのが良い、と考え、自転車を使う。本を読みつつ電車で帰宅、と言うのもいいものである。
 妻は心身ともに疲れているので、テコ入れに好物のレアチーズケーキを買っているが、喜んでもらえるかなぁ・・・

FC2blog テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2015/06/29 19:10】 | 研究
トラックバック(0) |