なにやら妙な研究してる・そういう噂~環境科学&農生態学系物質循環研究者の日常~
 眠い朝だったけど、BBCとnprを通して聞けた。完全な文としてのニュースは聞ききれないけど、無我の中で聞いていければと思う。
 論文の方法の元の論文多くをコピペしつつ、結果と考察をかき込んでいく中、明らかにした方が良い数字が発生し、どう書きだすか、となったが、その数字をありかがなかなかわからない。ゆるゆると・・・しかし尻上がりに調子を上げて、大体のところのセルのリンクを手に入れた。

 という時に昼食。昨日プリントした写真を収めるポストカード入れ(私はいつもKGサイズにプリントするので)を100円ショップに買いに往復6km程を走る。長そでの下着こそ来ているが、その上は綿のシャツ。気候的にいい感じ。朝は早く咲く構内道路の端に1分行かないくらい開いていた桜は、昼には開花の遅い職場近くでも2-3分咲きに!驚くべき植物季節の伝搬速度である。

 午後、事務仕事もしないと・・・と思っていたのだけど論文作成と言うか、数字のリンクたどりに血道を上げてしまう。
 お茶の時間、終わりに近づいた関東近縁のスキー場の話しや北海道に帰省してたEリーダーの話に、東京より暖かい北海道ってどうよ?と言う話になる。-18℃の世界から帰国したら、10℃行かなくても多少着ればいいや程度に感じていたのは跳躍ありすぎか。
 いろいろなことを話しつつ、何か頭の中で行うべきをいろいろしないといけないな、となるのだが、筋道が出来ない。この混信を明日には終えられるようにしないと。

 帰宅時、車いすマークと新人・老齢者マークをつけた車をパスしようとしたときに何の意味もなく、ゆら~っと蛇行。この車を買って3年半以上経つ中初めてクラクションを鳴らした。でもゆらーっと元の車線に入っただけでどうも車線が定まらない。。のろのろくねくね追い越し車線を走られるのが嫌で、走行車線の私は気を見て抜いたが、すると何のつもりか私の後ろに付くが、ルームミラーを見ると・・・もう少し、注意力を持って前を見ようね?と言いたくなる運転手の行動。1台以上車を挟むよう追い越し車線に移って、これなら、鉄板で行けそうな鉄板を積んだトレーラーを挟むことに成功。
 個人的な感覚だが、星見の往復路、夜中の国道を走る中でトラックやダンプの類は意外と普通で煽ったりするモノが存外に少なく、寧ろ逆走や無茶な飛ばし方をするのは乗用車の方だったりする。それこそ、非合法のお薬や煙系やってないか?ってな感じで。

 撮像対象(天の川)の関係で春は星見に行かないし、4月4日の皆既月食も家で見るつもりだ(冬なら別)。さて、ステラナビゲーター(有料の高機能プラネタリウム&写野確認ソフト)でどんな画像を撮像するかな?

FC2blog テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2015/03/30 18:24】 | 研究
トラックバック(0) |