裏磐梯からの帰宅

 昨夜は本を読んでいる間に入眠。朝早くに目覚め、時間がいいことを見て、温泉に入りに行く。
 早かったのだが、其処はやはり人生の先輩たちがそれなりな密度で。気にせず露天風呂にGo!ここは意外と空いていた。温度も丁度よく、初日の暑さが無いのは有難い。しばしまったり。
 何気に遅くなった感じ、部屋に帰ると妻が起きていたので食事にGo!
 昨日と微妙に違う内容を吟味しつつ特にフルーツとヨーグルトをたっぷりと頂いた。
 妻が風呂に行く間に1冊読了し、昨日寝落ちした本の続きを読む。京大人気講義シリーズは、「こんな授業が受けられるなんて京大生は幸せだなぁ・・・」と言うモノだったが、豊橋科学技術大学も結構なトライアルを学長の働きかけで随分とやっていると感心した。まだ1/3程度しか読んでいないが業界のトップが雁首そろえて話をするんだから、学生に響くモノはあると思う。
 妻が帰り身支度。11時まで居られるので、ギリギリに出る。外は結構いい天気で日差しもある。裏磐梯に涼しさを期待したがそれはスカに終わった。でも緑は綺麗だしまったりできたのは有難い。
 ロビーのバス待ちツアー客をちらりと見つつ、荷物を積みこんだら、一路自宅へ。

 のんびり走って、食品店に寄り、下道で危険運転や路上の落し物ブルーシートに苦しめられつつも6時間の道のりは、往路とほぼ同じ。そうか、食事が無かったからか・・・でも買い物したし、ちょっと謎。

 家に帰り、風が通るように窓を開ける。湿っているが、風があるとそれなりに涼しい。

 個人的に、福島県には地縁が比較的薄い。岩手は私が農学の研究を始めた地なので思い出深いし、なんだかんだと宮城にもお世話になっている。磐梯山の岡部小屋では色々と教わることもあった。身が許せば山頂で夏の銀河に挑戦したい。
 まあその前に運動能力の増強が要るなぁ。ウォーキングで少しは身がしまったら・・・

テーマ : 研究者の生活
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

M氏

Author:M氏
食・農・肥料にまつわる物質循環と環境影響について、ヴォイニッチ手稿みいな暗号・謎の世界をを解いていくことに喜びを覚える科学者の一人。
 謎な生態、日々の私生活と研究生活、そして何気に読んだ本のことや日食観測者としての活動状況等々、書き綴っていきます。


にほんブログ村 科学ブログ 農学・森林学・水産学へ
にほんブログ村
 リンクはフリー、ブロ友はいつも募集中

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

カテゴリ

来室者数

月時計-LunarDial-

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

月別アーカイブ