なにやら妙な研究してる・そういう噂~環境科学&農生態学系物質循環研究者の日常~
 裏磐梯の休日・・・と言っても外は雨が降ったりやんだり。連泊で部屋の掃除とかを頼まない方を選んだので、部屋を開けなくてはいけない用事もない。朝食を取ったあと、のんびりと本を読んだりする。
 しばし、展望ラウンジに行って桧原湖を眺めつつ書き物でも、と思わないでもないが、がっつり何かをしようという気にもならず、行っても簡単にメールとWebのチェックをするだけ。
 外の雨が相当時間やんだようで、湖にボートで漕ぎ出す姿が見えたりする。じゃあホテルからすぐの五色沼に行ってみよう。
カメラをもって、雨に濡れた緑の中を歩く。前妻と来た時は毘沙門沼のほう、ホテルからは逆経路になるのでちょうどいい。るり沼まで・・・と思うが弁天沼まで片道2kmほど歩いた。久々の不整地歩きだったが、問題はない。何の色でかえもいわれぬ青色の水面を見つつ、雨に濡れた緑の中を歩くのは気分がいい。
雨が降り出す。林の中で濡れることはなく、乙な感じを楽しみながら帰る。蚊が多かったけど、妻に日除けのアームカバーを借りてやり過ごした。お土産屋さんに入ると、外見と違って、中が随分と改装されていてびっくり。初めて見たサルナシのお菓子、農家さん開発のサクランボの乾燥品など買う。気づくとトータル1時間以上たっていた。
パラパラ雨が降ってくる中、帰ってからまた読書。たまにロビーに出かける。
温泉に入ると、昨日と温度が違って長湯できてしまう温度に。じっくりまったり考え事をしながら浸かっていたら、かなり時間がたった。

 夕食。ビュッフェに並ぶ品は微妙に昨日と違う。どれもおいしいが、昨日とまるで違ったケーキが供されていて、レアチーズケーキが特に逸品だった。
 部屋に帰ってしばし本を読みつつ・・・気づいたらぐっすり眠っていた。のんびりとした休日は、あと8時間半ほど。
 こんなホテルで書き物をしたら文豪気分?と思っていたけど、何も書き物は進まず。普通に頭の中を空っぽにした感じかな。

FC2blog テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2013/08/31 02:36】 | 旅行
トラックバック(0) |