なにやら妙な研究してる・そういう噂~環境科学&農生態学系物質循環研究者の日常~
 朝一に昨日の調査の片づけをして、じわじわの体の痛みが引くのを待つとともに職場の集まりに出る。終わったらどうも体調が良くなく、何とかこらえて昼食。
 流石に歩きに行く気にはなれない。何かに手をつけようと色々な情報を見るがどうもピンとこない。
 午後は課題評価会議で今年のプロジェクトごとの結果の評価のためのリーダーに寄るプレゼンを聞きに行く。Eリーダー、Sリーダーのプロジェクトに噛んでいる私はそれを聞いて、必要に応じて質問に答えるのに備えるが、出番なく終了し、ホッとする。が、質疑のメモは忘れなかった。
 帰ったらお茶の時間、少しまったりして、後は質疑のメモをメールでリーダーに送る。

 すると帰れる時間。体各所がどうも痛い。帰る気合いも無いが明日は盛岡に出るので帰らなくてはいけない。

 今日の会議で研究プロジェクトに関しては公式日程が終わることになる。これから4月までがストープリーグとなり、自由時間となる。この間にどれだけ研究のネタと実を詰め込めるかが、年間の生産性に大きく影響する。書きかけの論文や本の原稿・・・近く遠くやることは山とある。淡々と、しかし濃密に事を充実させて進める必要がある。

FC2blog テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2013/01/30 18:08】 | 研究
トラックバック(0) |