なにやら妙な研究してる・そういう噂~環境科学&農生態学系物質循環研究者の日常~
 ホテル併設のファミレスでの朝食はホテルのために合わせてビュッフェ式。昨日の疲れも少しある(眠れなくて夜半くまで起きていたし)が、10時半始まりなので少しゆっくりできる。シャワーを浴びて荷物をまとめたら少し早めに宿を出た・・・つもりだったが、バス待ちと停留所の数、結構な混雑具合からあまり早くない時間に東北大学のエコラボ到着となった。
 院生かな?結構若い人、留学生が目立つ。
 午前はキーノートスピーチとアジア域でのリン資源ガバナンスの必要性に関するプレゼンがあり、終わったら昼食。雨が降って雷が鳴る中を気にせず歩いて・・・砂漠化が背後に迫る北京の人には驚きのようだったけど・・・テイクアウトのちょっとしゃれた食堂を借り切っての立食ランチ。いろいろな話をしながら、楽しい時間は過ぎる。途中、これは食事が余るな、という気配がしたのでM准教授は近くの研究室の学生を動員、一気に消してしまった・・・若いってすごい。
 午後は招待演者4人の各国事情に関して。中国、台湾、韓国、ヴェトナム・・・それぞれの国情が分かって面白い。この楽しい時間も早々過ぎ去り、クロージングノート、そしてお別れのときとなる。11月にはまた会おう、と握手を交わして私ともう一人の早退者はタクシーで仙台駅へ。私は買いそびれたというか、大学購買に好みのリング閉じノートがなくて駅前のロフトで買いに走り、仙台に来たら「萩の月」を中国で会う人のために買い、新幹線の切符を早い時間に切り替えて入場、夕飯の弁当と飲み物を買ってあまり待つ間もなく新幹線に乗る。最新車両E5だったが、指定席ではそのアドバンテージを感じかなった・・・。
 東京駅から品川駅へ。帰宅ラッシュが続くと踏んでいたが、山手線は空いていた。京急線への乗り換えは切符を通してSuicaをタッチすれば問題なく通れた。これは私的には初めて使った技。

 京急蒲田下車。ホテルはほどなく見つかり、近くのコンビニで明日の朝食を調達。明日は早い。疲れもあるが、まだ頑張れるのりしろがある、と思いたいものだ。

FC2blog テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2012/05/28 21:22】 | 研究
トラックバック(1) |