なにやら妙な研究してる・そういう噂~環境科学&農生態学系物質循環研究者の日常~
 薄いカーテンの向こうはいつになく霞んでいる。外を見ると実に霧が深い感じである。隣のビルの屋根がぬれているのは軽く雨が降ったからだろうか。ポスドク君と軽く飲んだ後で、朝の雨のあとなら中国的にはいい門出である。

 中国農業科学院での一連の仕事を終え、午後15時過ぎの便で日本へ・・・少し遅くなるけど明日は代休だ、と思って空港に行くと私の便はキャンセルされたという。この靄で視界不良のためだという。こんなんアリ?窓口では次の便(最終便)のキャンセル待ちか、次の日の朝一便か、を問われ、最初は待つつもりでしばらく時間をつぶすも、埒はあきそうになく、ならば確実に乗れる明日一便に乗り換えることとして、ホテルを紹介してもらった。価格はディスカウントで500元、空港に近いというからかなりいいところを想像し、バスを待つが・・・来ない。困った。ということで近いので悪いがタクシーで行く。
 行ってみて驚くくらい大きかった。部屋がレセプションとは別の端だったせいもあって、ずいぶん歩かされた。が、入った部屋は日本のビジネスホテルなら2-3部屋、ともすると4部屋分くらいある広さ。枕が5つ付いたダブルベットに簡単なビジネススペース、風呂とシャワーが別のバススペース、薄型テレビの埋め込まれた壁とミニバー・・・は鍵がかかってる、ウエルカムドリンクのコーヒーとお茶類・・・かなり豪華です。
 これで500元+ネット1日100元・・・は、破格ですね!

 そんなわけで部屋でまったりしつつ、しばし妻とメールのやり取りをしてレギュラーのデカフェを飲んで一息ついて、何気にブログを見てみると・・・つながる!もしや!と思いGoogleで適当に検索すると、検索できちゃう。どうやらこのホテルはグレートウォールの外らしい。こりゃびっくり。ということで、ログを上げています。

FC2blog テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2011/10/30 19:31】 | 徒然
トラックバック(0) |