なにやら妙な研究してる・そういう噂~環境科学&農生態学系物質循環研究者の日常~
 ある意味ありがたいことに長らく論文の査読結果という論文書きにとっての恐怖の大王が下りてこなかった。が、いつかはやってくるもので、それが昨日の夜。妙な噂はするもんじゃない?いや、必ず来るもんだからね・・・とはいえ、少しばかり重い気分で査読結果のメールを開く。・・・思ったより傷は浅いし、書き直しの期間も60日ある。9月中頑張ればなんとかなる内容。10月の話の詰まり様を考えると、早く済ますに越したことはない。

 とはいえ回らない首が回る、映画「エクソシスト」のような現象の陰に隠れていた恐怖の大王の退治も早くしなくてはいけない。これを第一に、いろいろやるべきをリストアップし、順位をつけて討伐を行うことにする。スリランカにメールを書き、要旨の出来上がりを確認してスライドの確認をして両者を韓国に送り、所内を回って歩いて、いろいろ弄ってみたら恐怖の大王その1の要所が見えてきた。

 ここで昼食。

 昼歩きに出るのもよかったが、早めに午後を始める。恐怖の大王に対応する。と、何気にメール送受信・ストックに使っているiMacの調子が悪い。ンで少しいじるがどうもよくない。どうしたもんだか?職場の集まりに出た後、恐怖の大王に一先ず倒れてもらって、亡骸をSリーダーに送る。中国との研究で10月最終週に出張をお願い・・・とほかの研究所のSリーダーに送ったらすれ違いで集まって話そうと。ちょうどいいので算段して出かけることを決定。

 今日は一応晴れているし、帰り道の混む時間になってしまったので、晴れたなら星見に出ようと思い、そのまま居残る。恐怖の大王その2との戦いをしばらく深く静かに進めよう。

FC2blog テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2011/08/30 17:49】 | 研究
トラックバック(0) |