なにやら妙な研究してる・そういう噂~環境科学&農生態学系物質循環研究者の日常~
 Amazonの電子ブックリーダーkindleが相当に売れているそうである。
 また、クリスマスには冊子体の本以上に電子ブックが売れたとのこと。
 コンテナとコンテンツを分けて考える必要はあるけど、20万冊からのコンテンツ、新聞が電子媒体で読めるようになったのを考えると、いよいよ電子ブックというものが、日本語ガラパゴスの外では本格化したと考えていいのだろう、と思えてくる。PDFも読めるらしいし、学術書籍というコンテンツがそれなりにあるならコンテナは意外と安いと言える値段なので、「欲しい」と思えるガジェットである。

 ただ、やはり文献に関してはメモやらを書き込みたいから、プリントアウトが欲しいのは確か。とはいえ、たくさんの書籍や文献を一手にまとめておいておけるコンテナが存在することの利便性は否定できない。

 こうなってくると日本語書籍もどうにか、と思うのだけど・・・これに関してはガラパゴス日本の特殊事情がたくさん出てくると思う。先ず出版社・編集にとって電子媒体は紙媒体に劣る二束三文メディアであるという既成概念をどうにかしてほしい。書き手としてはこれは印税の低下に跳ね返るので由々しきこと。価格設定も安くなければ、という出版・消費者の既成概念(kindleの書籍は紙より安いのだけど・・・)も厄介。出版としては再販制度を利用したかけ流し式使い捨てが利かない問題も出るか。
 とはいえ、電子化のメリットとして、在庫コストを殆どなくせるので、紙媒体では絶版書でも電子媒体化して流通させたり出来るだろうし、印税・編集費用を据え置いても紙媒体化する分コストを低減できる(ただし配送方法による取り分が上乗せされるけど)、新刊書にするハードルが下げられるかもしれない(希望商法が増えそうだけど)・・・など色々あると思う。通信ハードウエア的なデジタルデバイドの問題もあるけど、電子化というのは結構魅力的だ。

 OECDの本を買った時、+αの費用を払うとPDF版も同時に買えた。また、紙媒体では絶版でもPDFとして保持・販売を続けるというサーヴィスがあった。こういう素地のある海外と日本を同列には扱えない。けれど、日本語という特殊事情に胡坐いをかいて電子化を進めないことによる、知的基盤の陥没は相当に問題だと私は思う。それなりに考えている学会の刊行物は日本語でもpdfになっていたりするようだけれど・・・

 kindle日本語版がまさに黒船になってくれることを、消費者としても書き手としても私は望んでしまう。
 良書の濃度は落ちても、本はまだ安いと私は思うし、お金を払う価値は十分にあると思う。

FC2blog テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

【2010/01/06 15:07】 | 徒然
トラックバック(0) |