02//1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.//04

Lab of Voynich Code

なにやら妙な研究してる・そういう噂~環境科学&農生態学系物質循環研究者の日常~

夜中に考えることの問題点 

 どういう按配だか、大抵夜中に目を覚ましてそのまま寝付けず暫くおきているということがかなりある。今夜(12時を回っていたので)もそうだった。パッチリ目覚めていたわけではないが、何気におきて、ネットを見て、ふと論文のことを考えた。

 意外と冷静に、ストーリ立てて行った時に必要となるであろう図表、式を考えてどんどんノートに書いてゆく。昨日昼の段階から、最初は4つくらいの表で何とかなるかと思っていたが、連作ではなく完結した論文にするならとなんだかんだ書き続けたら7-8枚の表が必要じゃないか、と言うことになった。しかも一枚は半ページ食う大きなものだ。式の数も10本、図は7枚、内一枚はカラー。
 以前、書いてみれば、まあこれくらい、と言う長さになるなんて書いたけど、今回は図表の量ゆえにどう考えても長すぎる論文になる。Over pagesで掲載料を余分に取られるのはいいとして、これじゃあ読もうという人、それ以前に査読者が気の毒だ。

 夜中に書いた手紙、とくにラブレターは注意したほうがいい、発想が恥ずかしいほどイッてるから。書くなら昼間だ、と、もう四半世紀以上前に深夜放送のラジオで言ってた。その頃は文藝部だったので真夜中に小説を書いていたけど、そういう文書は多少イッてたほうがノリがいい。ラブレターは無いが、文通相手はそういう私の拙作を知っている人だったから、夜に書いてもどうと言うことはなかったし、ラブレターじゃなかったから、どうでもいいのだが。

 今夜ノートに書いたことは、冷静な筈の昼に再度調べて検討するのは勿論だ。第一、付け足しつけたし書いたメモ書き様の代物は、そのままで後々(といって、降れば土砂降りで数日の間だろうけど)見直したときに理解できる代物ではない。
 果たしてこれが、自分で夜中に感じていたほど冷静で冴えたものだったか、それともイった状況のものだったか。新月でも満月でもないのが多少の救いかもしれない。あ、これは科学的に否定されてますか。

[edit]

page top