強制稼働がかからない…

 朝はまあいい感じで起きる。何をするかもあまり考えられず、のんびりと午前中を過ごす。少しプラスチックに穴あけ工作をして終わったらなんだか頭の中のもやもやを抱えつつ…少し寝る。起きてなんだか煮え切らない状態だったが、何処にも外に出ないのは良くないと考え、隣町の本屋に出かけてみる。調子的にそれほど悪くないが、どうもスカッとした感が無い。
 帰ってHPのコンテンツを作成・アップする。しかし煮え切らないなぁ…のんびりするでもなく、何かしたいと思うも気分が重く…

 今週は何をしようか、と考える。プログラムを書きつつ、数字をまとめつつ、論文を書くことに集中できると良いのだが。
 日食機材の製作も、半田付け工作や必要ならリューター+ドリル+ヤスリな工作もあるのだけど、どちらをどう進めるかが呆けた感じで煮えるだけで纏まらない。困ったものである。未だ9カ月以上先とはいえ、慣熟試験をすることを考えると、あと6ヶ月で何とかしたいと思うけど…悩ましいな…

テーマ : 研究者の生活
ジャンル : 学問・文化・芸術

飽きないカレー、飽きるカレー

 確定申告提出用封筒が要るから、外に出るかな?と思っていたけど、眠気ゆえにピリッとしないうちに昼の時間を過ごしたため何処にも出ることなく過ぎて行った1日。何かした結果を残したい…という事で夕方に皆既日食機材のブレのテストとフラット画像のテストをした。
 s-P1100001.jpg
 左側の望遠鏡レンズ+デジイチ(Nikon Z6)は714mm相当でコロナとダイヤモンドリングを撮像する。、右側のコンデジは800mm相当の大写しで4Kにて皆既前後の音入り動画を撮像する。
 ブレのテストについては後々HPに載せるし、動画の方も載せる予定ではあるが…FC2HPの受け入れ可能なファイルの最大は1MBだから画像を縮小しなくては。まあ色々だけど、コロナ・ダイヤモンドリング撮像機材のブレ問題は三脚のエレベーターを伸ばして使うけど意外とブレない。ミラーレス故で購入した甲斐があったというものだ。ただ、フォーカルプレーンシャッターがあるので完全にブレない訳ではなく、800mm相当の右のコンデジ(Nikon A900)にブレが伝搬し、電子シャッター故に画面全体がゆらゆら揺れる。まあ、致し方ない。一眼レフのミラーショックより俄然少なく、マイルド故にこんな動画になるのだろう。

 明日も天気よく、何をするにも良いのだろう。昼は自転車でどこかに出かけようか?夜は新月になるので星見&オリオン座を撮ってみるのもいいかもしれない。火曜日に響かない範囲で。って、今日は全く気合が無いからな~。

雨のない昼間に

 昨夜何気に夜半過ぎに目が覚め、何となく起きていたら随分と時間が経っていた。目が覚めたら結構遅い時刻…ズルズルと家にいたが、外は夜半の雨が止んでおり、予報上も悪くはない。ので東京と秋葉原に出かけることにした。外は不気味に暖かく、ブレスサーモ入りのアンダーシャツのせいもあってか、カメラマンベスト風+ウィンドブレーカーとしての透湿防水素材のパーカーが厚着に思えるほど。最初は東京で八重洲ブックセンター+丸善に行こうと思ったけど、何となく秋葉原に先に行き、コンコースでソバを食べる。後ガード下のラジオセンターへ。…店がどんどん閉まって、悲しいなんてもんじゃないが、目的の小物を買う。その後ヨドバシアキバで消耗品を購入。中央通りを渡って懐古趣味だがツボを突いてくる電気電子関係の店とかだんだん引き潮のラジオデパートにも…と思うもどうも気が乗らず。
 なんだか燃えないな、と思いながら八重洲ブックセンターに移動。以前1度だけ行った事のある8階に行って写真のレタッチ関係の本を探す…が、これは間違いだったようで。本の分類としては正しいのかもだけど、写真の作品を載せた本であって、その写真をどう撮って加工するか、というモノではなかった。残念!どうやら何時もの3階のPCソフトの解説本コーナーにあるらしい。という事で、暫し本の谷間を楽しんで、階段とエスカレーターで5階分下る。5階から新書が4回に引っ越して以来文庫の5階には行かなくなったな…。3階で科学一般、農学、環境、数学(統計)、各所の平置き、電子工作(Arduino本)、と見て、何となく画像レタッチの本は止める。が、いつの間にか手の中には4冊の本が!?
 東京駅を突っ切って丸の内北口、丸の内オアゾの丸善に久々に行く。当初趣味・実用に何かあるかな?と思って2階を回ったけど、別の意味で興味のある本だった。ので本の在庫端末で調べて3階。理工書のコーナーで農学とか科学一般・ポピュラーサイエンスを見て…この揃え方いいじゃないか!と思う。時々来なくてはイカンな。そして2階のサブカルコーナーが硬めだがイカス。と、平置きで気になる本があって入手。
 出費は多かったが、充実した、かな?と帰りの電車で思う。往路の読みかけを1冊読了し、読みかけていた2冊目も2/3を超えたところで降りる駅に。ちょっと買い物をして帰宅。
 今日の獲物↓
s-DSCN1457.jpg

 車のバッテリが弱っているから次を買いたいのだが、バッテリの規格が良く解らない。DJデミオでもiLoop(減速時に回生時充電する仕掛け)があるか無いかでバッテリの規格が違う。車検証には特に書かれていないのでどうするか…と思っていたけど、ふとバッテリの大きさを見たら、iLoop付が無しよりサイズがバッテリの幅が短く小型のバッテリだという事に気づく。これが今日の夜中の成果。で、ボンネットを開けて自車のバッテリサイズを測る。我がDJ5FSの6MTはデカいS-95型だった。で、Amazonで発注…と思ったら到着は水曜になるという。やるなら連休中と思っていたので、色々考え、発注は3月第1週にすることにした。

 今日の〆はカレーを作った事か。量的には明後日まで持つかな?
 そういえば、夜中に確定申告の書類も作ったのだった。電子申請とはいかなかったが。なので大型封筒を明日か明後日買ってくるか。妻と外食が1-2回くらいだから、まあ嬉しいことは嬉しい。色々進められたから、意外と充実した夜中の覚醒だったのだろうか??

 という事で今日は何処迄?ちょっと眠気も出てきたので、今日は本を見ながら寝落ちか?

テーマ : 研究者の生活
ジャンル : 学問・文化・芸術

法定1年点検と見積

 朝1で車を法定1年点検に出す。ついでに4年7万キロ超えで長距離を攻めるであろうこの1年で来年には相当な走行距離になるし、車検に併せて足回りなどのリフレッシュ…と考えて、ショックアブソーバーとフロントサスペンションのロアアーム、エンジンマウントの交換を頼んだらどうなるかの見積もりをお願いした。点検は1時間程、近くの100円ショップで鍵の電池を調達して、ちょっと出回るうちに時間が潰れた。点検の結果は特に問題なし。見積もって貰ったデミオの交換部品と技術料は思ったより随分と安く、ざっと試算した車検費用を込にしても、車検の後更に2年乗ってもペイしそうな感じを受けた。加えてバッテリ(ディーゼルようなので高い)の交換を考えてね、との事だった。そこまでしても、あと3年は乗りたい。…あ、クラッチ関係の部品交換についてはお願いしていなかった。まあそれでも相場を見ると当初想定していた金額より1割は安い。この1年は少しずつ車検と部品交換のお金を貯めよう。既定路線で日食観測旅行には行くけど(ぉ?)。
 にしても、作業工賃・技術料がこの程度って、整備工の方に申し訳ない感じがしてしまうな…如何に設備が整っているとはいえ、結構な重労働の筈…

 帰ってから日食観測機材の1つの稼働試験を行う。昨日の夜作ったニコン謹製ソフトウェア開発キット(SDK)を使ったNikon Z6の外部制御ソフトを稼働し、3時間半少々(日食全体は3時間弱のイベントなので+40分余計)稼働した場合おいて、時間通りに機材が稼働するかを試験した。その間にWindows Up Dateが発生したりしたが、Windowsタブレットはバッテリを1/3、Nikon Z6を稼働するモバイルバッテリは2/3の電力を残していた。稼働状態は出来るだけモニターしておいた方が良いが、取り敢えずきちんと動くしバッテリも持つことが判ったのは有難い。後はPICマイコンを使った音信号で動くデジイチ+ステッピングモーターのコントローラーのファームウェアを以前作ったものからチューニングして最適化する事で概略の概略は出来る。後はSDKで作った外部制御ソフトをコマンドラインのプログラムからデスクトッププログラムにすることか。

 一旦眠くなり横になるが、のちに起きて夕食。こうしてブログを書き込んでみる。ちょっと充実できた感じもあるし、今週1週間の5日勤務をキチンとこなせそう、こなせると良いな。依頼原稿の作成と論文のためのインプットと。頑張っていこう。

テーマ : 研究者の生活
ジャンル : 学問・文化・芸術

温泉から帰って

 那須の温泉に行く。読みかけの本3冊を持って、どれくらい読めるか?と思っていたけど、見事!1冊しか読みきらなかった。…その代わりに眠り続けた。疲れはあったけど、思った以上に重かったかも?と思わないでもなかった。が、大きな風呂桶でノンビリ入る温泉はやはり別格のリラックス効果があったと思う。体幹がしっかり温まった。

 そんな中で衝撃のメールが入った。映像機器の一大エキシビジョン展であるCP+がコロナウイルス騒ぎで中止!メディアの過剰報道があっては、感染者が出た時点で主催者は無意味に私刑に遭うのを考えれば致し方ない。この裏でインフルエンザに何人罹患し何人死んでいるかを考えれば、事は明らかなのだが、現実的脅威を認識できる人は先ずいない。戦争反対だけど/だからアフガニスタンでもイラクでもリビアでも国家が破壊される戦争は賛成!という人であふれるこの国である。そして先導する反戦を訴える人がサバイバルナイフを持ち歩き、或いは殺人を行うこの国。どういうモノかねぇ。
 その昔のローマで言われていた「平和であるために戦争に備えろ」という事を実感する私ですか?職質に遭っても警察官が悔しがるほど刃物・尖ったものは持ってませんよ。

テーマ : 研究者の生活
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

M氏

Author:M氏
食・農・肥料にまつわる物質循環と環境影響について、ヴォイニッチ手稿みいな暗号・謎の世界をを解いていくことに喜びを覚える科学者の一人。
 謎な生態、日々の私生活と研究生活、そして何気に読んだ本のことや日食観測者としての活動状況等々、書き綴っていきます。


にほんブログ村 科学ブログ 農学・森林学・水産学へ
にほんブログ村
 リンクはフリー、ブロ友はいつも募集中

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

カテゴリ

来室者数

月時計-LunarDial-

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

月別アーカイブ