なにやら妙な研究してる・そういう噂~環境科学&農生態学系物質循環研究者の日常~
 個人的に「食肉は美味しいが、屠畜は卑しい」、とか、「家畜の生きる権利を/陰で家畜が殺されていることを考えろ」、とか言う慣習は受け入れがたいか、或いは物言いは意見として否定はしないが押し付けるのは間違いだ、と考える口だ。前者は問題外の無知蒙昧であり、後者は黒毛和牛は泌乳量が子牛を育てるのに必要な量の2/3以下なので、人為でなければ生き残れない。これをどうしろと言うのか?或いはホルスタインは子牛を育てるのに必要な泌乳量の一桁上搾乳を行うが、果たしてそれが母体にどう影響するのか、を考えているだろうか?ビーガンは趣味以上のものじゃないし、インフルエンサーが次々肉食で壊した体調を回復している事も考えた方が良い。家畜なしにもう現代のホモ・サピエンスは生きていけないのではないか?勿論バラエティはあるから、大丈夫な人もいるというだけ。
 そういう面では全く闇の中の仕事である屠畜の仕事をオープンにした本書の価値は高い。「ドキュメント・屠場」(岩波新書)が同和問題に半分を割いているなら、本書はほぼ屠畜の世界を精緻に容易に理解できるよう書かれており、その上文化史的や仏教、日本社会における肉食のニッチを明らかにしたことで、よりその凄さを知らせてくれているなかなかの名著だ。
 私は肉牛を屠畜するのを気絶させるところから背割して見事に枝肉になるまでを当時の職場で見たが、あれほどまでに優れた刃物の扱いでさばいていくことには、感嘆しかなかった。業務課の方に、これ見ると肉が食いにくくなるかもね、と冷やかされたが、肉は美味しく味わって食べないと駄目だな、と思った。まあこういう考えは奇特なのだろうけど…。
「ドキュメント・屠場」は色々なことが判っている前提として書かれていた(ヤスリの役割など)が、本書ではすべてが詳しく解説されているので、初めて読む書としてはずっと優れている。また、仏教は本当に肉食を否定していたか、といった問題にも、私的意見であることを明示したうえであるが、原点に戻ってみると、実は否定していないこと(ブッタも実は肉食をしていた)、万葉の昔に肉食を食べていた実際の所、など肉食と日本人の歴史的なかかわりも記しており、その生き生きとした筆のノリは中々に良い。ちなみに「ドキュメント・屠場」では明治天皇に獣肉を献上する所からだから、歴史の桁が上がっている。本書に加えるなら、親鸞以前には仏教が葬式を行うのは神道で葬式を行う事が極稀であり、それが共に死穢(しえ)に由来することが、未だに残る側面となったという事も絡めたほうが良いと思った。
 農作物が実際どんな作物かが販売される現場で知られなくなってきて久しいが、肉もまた然り、それ以上にもっと知られていないと言って良い。私は技術に特別リスペクトがあるからか、あのシステマチックな屠畜の現場のてきぱきとした仕事の良さを持っとりかして欲しい、という著者の意見には全く同意する。無知は罪である、と再度言うようになった昨今、食というモノを根源から考えて見るなら、本著は素晴らしい入門書である。

FC2blog テーマ:読書メモ - ジャンル:学問・文化・芸術

【2021/05/04 22:02】 | 本・読書
トラックバック(0) |
物理学者のすごい思考法 (インターナショナル新書) 橋本 幸士

 なんか判りすぎて笑いが止まらない!筆が達者で上手く書けている故もあるが、雑学系の理系あるあるや文系諸氏御用達的な理系ジョーク話を想像して読むと、確実に裏切られる面白さで、多分理解を超える世界の、超弩ストライクな当然の話である。


さいえんす川柳 「研究者あるある」傑作選 (ブルーバックス) 川柳 in the ラボ (編集)

 味わいはあるが、もう一歩な煮詰まり具合。さいえんすと言うが、生化学・生命科学系ばかりで終わっているのもイマイチ。


図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業 (日刊工業新聞) 三輪泰史(編著)

 FBにこの辺んを実践されている農業者の方々のお話では、所謂スマ農やら農業DX・IoTの問題は、精度と価格に局限されるようだ。即ち、市販品程高い精度は必要なく、市販品のような高価なシステムは入れられない。この辺の落としどころを何処に持っていくか?と言う事がどう書かれているかが興味を持たれる。本書ではどんなセンシングと統合化・判断してなにを提供するか、と言う話に終始するんだろうか?
 Amazonの通販で充分に作れてしまう、安価なスマ農システムがいま求められて、その半額以下なら普及すると言うにならないかな?と思う事はある。


MiG-21フィッシュベッド(世界の傑作機№76[アンコール版]) (世界の傑作機 NO. 76)

 中身は旧版と同じなのか、ちょっと更新しているのか?やられメカとかコケにされる一方で、機体とそのメンテコストが安く信頼性の高いと評される名機とも言われる、戦闘機界のフォルクスワーゲンの紹介本。ベトナム戦争を戦った記録もあって50余年経っても使われ、或いはずっと高性能な筈のMiG-29を廃止しMiG-21で防空を行うこととした今世紀のチェコ空軍の事、或いはその間にアビオニクスを更新して2世代~4世代機!?と(多分からかいも含め)言われるまでに変遷してこられた機材は伊達じゃないだろう、と個人的には思う。だからこそ、時代を代表する戦闘機として見ておきたいと思うのである。本書によると、ジェット機としては非常に安価なので、ジェット機を所有したい個人が購入し、その倍額程度をかけて飛行可能にして飛ばして楽しむ、なんてことが行われているそうだ。勿論、武装やレーダーなど関係する部分は抜かれてた、飛べるようになるだけの素体として売られているそうで。

FC2blog テーマ:読書メモ - ジャンル:学問・文化・芸術

【2021/03/18 11:28】 | 本・読書
トラックバック(0) |
 世界の銘バイク、ホンダ・カブの中のクロスカブで日本一周した話。内外出版というと私も随分とお世話になった自動車整備・修理趣味の人の月刊誌「オートメカニック」の出版社だな、と思って居たので、バイクがあっても不思議じゃないな、と何となく読むことにした。
 これまでに自転車で世界一周(偉業であるが、結構やってる人がいる様だ)とか南極を歩いて横断する冒険もの(これは尖った冒険であり恐るべき偉業)と言った話を読んできた中では、ある意味自由度の高い旅行企画、と言ってしまえるかもしれない。ただ、北海道を旅行した時にバイクの人に話を聞いたことを考えると、多大な荷物を積んで110㏄でやるのは法定速度が同じでも体力等々きついだろうな、という事くらいは分からないでもない。
 そんな中でも、ホステルやライダーズハウスが北海道以外にも日本に相当に充実している事や、或いは日本一周を目指すライダーがそれなりに居る事を知れたのは、ちょっとした白眉だ。こういう旅行に挑戦するなら、やっぱり学生の内なのかな?或いは、何かに吹っ切れた時なのかもしれない。登別温泉や石垣島のユースホステルで、就職できなかったからチャリダーになって北海道一周だ、とか、やってらんない会社辞めてきた、とか、時期を外して行って見ると意外な人達と席を同じに出来たことがある。…そういう感じからしても…そうか、やっぱお気軽企画っぽい感じがしないでもないか…否そういう修羅場(?)だけが人生の断片じゃない。
 行き当たりばったり旅行なら幾らでもしてきたけど、それを長く続ける根気根性や身体管理…そういう賜物として、注意は必要だけど、もっと自由にバイクで走る事を楽しもうよ、或いはバイクでなくても楽しんでいいんじゃいな?という話な訳で。そんなにきちっとしたもんじゃなくても、出掛ける事を楽しむ、その一つの形態を見せてもらった感はある。

 ただ個人的に類を呼ぶか、匂いがするのか、どうもラディカルな話が身近にやって来る感があるのは…ちょっと悩ましいか?

FC2blog テーマ:読書メモ - ジャンル:学問・文化・芸術

【2020/12/26 19:26】 | 本・読書
トラックバック(0) |
 2013年の「科学技術大国 中国―有人宇宙飛行から原子力、iPS細胞まで」(中公新書)で述べられた「スペック一流の張りぼて」から7年程の急速な進展か革命的な変化を印象付ける書であった。実際私はHuaweiのアンドロイドタブレットを使い、スマホも名の知れない中国製だ。国際学会を誘致するのではなく積極的に主催するし、負の遺産を抱えた環境関係をよくするにはまだまだ時間はかかりそうだが改善に対する意思が見える。この経済も人口のボーナスだなんだと言われるが、日本のように「もう発展も成長も望めない」と政治・政権政党が言い出すのに比すれば、己と他山の石を知る分、国体としても未だまともに思える。
 こうした世界的なレジームの転換をどう捉えて、どう考えるか?先ずは知る事から始めよう、という事につかえるのが本書であろう。単純に中国脅威論と反対側としてのアメリカケツ舐めでは、もうやって行けないんだよ、とも教えてくれているのだから。

FC2blog テーマ:読書メモ - ジャンル:学問・文化・芸術

【2020/07/26 10:38】 | 本・読書
トラックバック(0) |
 バラっと斜め読みの所もあったけど、旅行中に読んでしまった1冊。
 Android Studioの簡単な使い方を、色々な部品の配置法を少ししっかりと、Javaの使い方を最後の方にちびちびと書いた1冊。超が付く基礎のキ、特にアプリの画面の作り方を知る分にはある程度使えるかな?というのが読後の感想。ただ、Javaの使い方はほぼ全く身につかないし、最終章にビンゴゲームの番号だしアプリの紹介もあるが、画面の作り方は良いとして、プログラミングに関しては全く役立たないだろう、と考える。この辺は他の入門書に繋ぐことにすればイイんじゃないかと考えるので、あまり問題はないかもしれない。そりゃあまあ、画面に配置する部品についてもほぼ不十分だともいえるけど、最初から厚めの入門書を開くのは冒険的に思えるなら、活かし方はあると思うし、まさにその用途のために私はこの本を入手した。その意味で目的は果たしたので悪いもんじゃないかと。

 むしろ問題は、2018年10月の出版なのにJavaを使っており、Kotlin対応ではない事である。Kotlinの方がJavaより良く読めて扱いやすく、評判がイイようで、かつ今後はJavaよりKotlin、という時なのに…。その面でかなり不満が募った。まあ、本書でJavaを入門的に習おうというのも問題あると思うので、どんな言語で解説したのでも良いのかもしれないけれど。釈然としない所だ。

FC2blog テーマ:読書メモ - ジャンル:学問・文化・芸術

【2020/06/13 16:33】 | 本・読書
トラックバック(0) |