進まぬ筆とマツダ本

 がー!っと、何をしていたのかと思ううちに1日が終わった。論文は進まない。が、スタイリッシュに書き換えられたとは思う。長い戦いになるな。そう思って居たら、管理職がやってきて、「在宅勤務に備えておいてね」との事。県境を越えて出勤しているからだが、車なら出勤OKかもとも…ちゃんと決めてね、経営層。

 警察官、消防士、パイロットや運転手…私が小学生の頃に男の子が将来なりたい仕事としてトップにあったのは、当時のメディアで流れるのと同様、制服のある職業だった。私は天文学者で、制服仕事になりたいと思ったことは無い。まあ紆余曲折合って大学・大学院時代は生態学を専攻し、学会で生態学では食えないと言う現実を実感し、農学関係で就職する機会があったので、専門と言うより世界を変えて移り住むこととした。ある意味、ドリフトしてきた。もし同窓会があったら皆はどうなっているかには興味がある。「こうなりたい」と言う憧れや意向から、ヘーゲルの自由論のように目標をずらしたり変えたりして目的を達成した時、どうなっているか?
 かくあるべし、から、かくある、に落ち着くまでの変遷はあるだろうけれど、それは人生の話。工業製品には理想形を提示して、それを具現化する、と言う事が可能であり、マーケットから売れるものを引っ張り込むと言う価値観を自社の外から持ってくることもできるが、逆に、こうあるべき、と言う自社の哲学から製品づくりをすることもできる。

 日本企業なのに、マツダはかくあるべし、をやってのけた。車好き、自動車関係メディアでは、そんな認識がされているようだ。

 どういう流れか、マツダ専門雑誌が出ていたし(スズキも出てたような?)、会社の中の人の本も3冊読んだけど、車種別良いしょムックではなく、好適な批評をする本が読んだ以外にも結構出ているのには、どういうモノかと思わないでもない。中古が安く買えたから、この製品にこの価格なら納得できたから(端的には安い)、現在所有するディーゼルのデミオに関しては盛り込まれたエンジン技術にくすぐられたのもあり、就職して以来ずっとマツダ車に乗っている。思うにリセールバリューのためにトヨタ車しか買わないのも、構造的には全く同じだと思うのだが…所謂マツダ地獄ではなく、単純に欲しいと思った車がマツダ車というだけなのだが。巷で5ナンバー・1.5L・5ドア・MTなコンパクトカーのベースモデルで、走らせて面白い燃費のいい車、という条件を当てはめると選択肢は驚くほど少ない。こういう条件で車を選ぶのは余程奇特なのだろう。私がこの条件を設定しているのは、自分の乗り方・走り方とライフスタイルに適合するからなのだが、外部的にはそうは見えないというのは良く経験する。或いは、世間体や自身を誇示する分身というのもかかわるらしい。私には勿論だが、妻にもその辺理解が出来ないようだ。でもどうだろう?故・三本和彦は用途とライフスタイルから車を選ぶことはできるが、それを無視して良い車・ダメな車という判断では選びようがない、という旨を書いていた(NHK新書だった筈)。私には全く腑に落ちる話だ、が?まあ、自分の乗っている車や製造メーカーが持ち上げられるのは悪い気はしないが(今時、日産の社員は可哀想だ)、それは私には本質ではない。

 制服の職業はその制服と共に内容がカッコ良くて社会への露出の多さからも憧れるのだろうか?私にはわからないが、私が学者に憧れたのは楽しそうだから、というだけでしかない。実際楽しいことだが、果たして小学校の頃に憧れた職業を今どう思って今の職業に至っているのか、そんな事を掘って行ったら面白いかな?その中で理想形とリアル。それもまた興味深い物事が眠っていそう。

 あー、何が書きたかった?

テーマ : 研究者の生活
ジャンル : 学問・文化・芸術

書き物の魔力、読んだものの妖力

 そんな感じで論文に向かうのは如何かという話はあるけど…まだ自分にそこまでの力が出ていないのは事実。中々悩ましい。早いところ仕上げて、こんなんで如何?と共著者たちに問いたい所。兎も角自分の能力を注入しなくては。
 とはいえ画面に向かうだけが能じゃない…と思う。遠い方のトイレに行く、階段を使う…などで気分転換する。が、途中背中の筋肉がつったか、或いはぎっくり腰?という痛みが走る。これが今も続くが、困ったものだ。

 決定的に体調が変ではないが、微妙に熱っぽい。
 歯医者があるので定時で退出し、一旦帰宅して歯を磨いて歯医者に赴く。最終局面で、歯型を取り、2週間後に詰めることが決まる。長かった…。
 再度帰宅。ラジオとネットで「緊急事態宣言」が出たのを知る。一層の自粛、改めての警戒…だから?
 妻と話したところ、お互い職場は通常営業で変わりなし。一応ラジオをWebでどんなものかと見ていると、仕事に関しては不要不急だけど、散歩だなんだといった日常の健康を保つための行為もOK!?。
 ウチは経営層が如何に責任を回避するかに必死であるのは良く解った。この分だと研究の計画に関する会議は4月には無い、多分6月以降。予算は更に遅く宙に浮いて何時降りてくるだろう?まあ…私は影響が少ないから不便は我慢は出来るけど、農業研究機関的にかかわる研究者の多い夏作物の時期を遮る形で色々な会議と予算制約が出るんだろうなぁ…研究が死ぬよ。

 そういえば、Amazonのプライムビデオで『8時だよ、全員集合!』の本編がいくつか見れる。世代的白眉は荒井注の居た頃。裏のコント55号も良かったが…私は大袈裟なマンネリズムでもドリフターズの方を取ったが、志村けんのネタはあまり好きではなかった。自慢になるようなレベルではないが、笑い・白黒抹茶なジョーク・必殺のコメントは大学~大学院の時に天文サークルのアルバムを中心に表現してきた。笑いのスタイルは全く違うけれど、ローワン・アトキンソン(Mr. Been)の語る所やベルクソンの「笑い」から演繹して考えて見ると、仕掛けるにはやはりストイックな観察眼というモノの重要性を感じる。
 後年、ピンで番組を負い始めるか、という時に志村氏の番組はテレビもろとも見なくなった。彼のスタイルの笑いは私のスタイルではないし、あまり参考にならないから。ただ、彼なりに笑いを取ろう、ネタに対する熱意は故・いかりや長介氏の著書「だめだこりゃ」にあるのも確認して、理解はする中ではあったけど。権力に舐められるよな近年の笑い自体の劣化を考えると、現在的には放送事故連発モノだったろう過去の笑いの最後の1人が志村氏だったのかもしれない。
 ラインナップを見たけど、私的に残念なのは荒井注時代のドリフは1コンテンツのみ。他は志村けんに交代した後。それだけ視聴者に笑いを生んだ功労者だったんだろうな、と思いつつ、今日は眠ろう。

テーマ : 研究者の生活
ジャンル : 学問・文化・芸術

読み・書き・??

 論文を心赴くままに書く。と言って進みは遅く、どうも煮え切らない。これだ!という決定できるものがどうも浮かばない。そんな一日
 昼はなんだか麺類の気分。ガツン!と強い味が欲しくなったので、近くのラーメン店をGoogleで見るとあるねぇ!という事で、タンメンの店に行って見る。種類はあるけど、何となく濃厚タンメンを選択。豚骨ベースで、結構肉の入った野菜炒めが載っていた。これにトッピングのニンニクを加えて見ると…いやあ、Strong!!有料だけど、韓国の食事を思い起こす感覚になる。だってね、ニンニクが中くらいの1玉がみじん切りで出てくるのだから!生ニンニクに嵌った口としてはもう最高ですよ。
 お腹の中を熱くして、しかし午後もイマイチ盛り上がらず…1日が終わった。

 定時過ぎ退散。発注していたメガネを回収し、帰宅。疲れ感があり、横になって雑誌類を読み、たたんで寝落ち。復帰してこれを書いているが、お腹に未だニンニクが?燃えている!

 週末は特に考えていないが、心身を休める事だと考え、今日は…Programing Fridayか?否なんか、寝たほうが良さそうな感じ。

テーマ : 研究者の生活
ジャンル : 学問・文化・芸術

花散らしの雨の中

 花散らしの雨の一日。昨日作った表や数字を再度ざっと見て、…ハッと気づくと日本語を忘れていた。メールを書きながら日本語を呼び出し、何とか人間的な何かになった感じ。日食関係者の間では「知的撮像共生体」(神林長平・グッドラック 戦闘妖精雪風のもじり)とか言ったりするが…こういうのは半可通な人間の陥りやすい罠という訳でもないようで…。どうでも良いが、何やかやと動くうちに昼になった。
 小雨なので自転車で行くか?と思うも否、と車を出して買い出しと昼食に出た。
 午後は早めに始め、共同でやる人達向けにメールを書いて、最後にデータをまとめたExcelのワークシートをざっと見て共有するソフトに入れる。一息つくと15時近く。少し休んで論文を調べ、少々読んで日本語と英語の脳内ライブラリを引っ張り出す。明日には方法部分=今回としては重要部分が書けるようにしたい。
 そうこうするうち、定時過ぎ。どうやって科研費の当否が知らされるのか?ざっと検索しても不明だしメールも来ないし…。ドキドキも実は感じない中、退出。
 構内道路の歩道はこの雨で落ちた花弁のじゅうたんになり、少々花びらも舞う。流石に花見客は無く、すんなりと構内を出て、焦らず騒がず家路を進む。
 そぼ降る雨の中帰宅。何時ものスニーカーに傷みが出始めたので更新を考えるが、雨で気が進まず今日は買いに行くことなし。

 なんか家電の調子が悪い模様。どうするのが良いのか…

テーマ : 研究者の生活
ジャンル : 学問・文化・芸術

整える

 山とあるデータから使えるものを抽出して統計処理をしたものを整えたのが昨日。今日は更に装飾や比較のための数字をわんさかと出して整えた。4K 43インチモニター画面がこれほど頼もしく…しかしももうちょっと幅が欲しいとも思ったけど、これで間に合うように仕事をしたいものだ。数字を見つめて、出てきた結果も照会して…最後の方で悩ましい数字になったけど、これをどうするか?そんな悩みを感じつつ、午前と午後の前半は終了。
 昼は100均に行ってコーヒーフィルターを調達。他にもあったロータリーカッターが欲しかったけど、なかった。ミシン目を付けるのはあったのに…別の系列店に行くか。外に出るにはいい感じの気象条件だった。
 午後の後半は定年退職者を送るセレモニー。カメラマンをした(お前ナニモノ?・笑)。そして出てきた結果に悩みを覚えつつも、気付けば構内道路の混みそうな時刻が近いので、今日は終了。早出の時差出勤はちょっと有難い。

 帰宅し、なんか眠くて疲れ感があり、横になって気付くと一睡していた。未だ火曜日かぁ…

 気づいてみると今日は年度末。感慨も何もないけど、これからの実質8カ月の間が職場的には色々イベントあるんだろうな。ボランティア以外の職場的なことにはすっかりやる気が落ちているが、研究だけはするよ。

テーマ : 研究者の生活
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

M氏

Author:M氏
食・農・肥料にまつわる物質循環と環境影響について、ヴォイニッチ手稿みいな暗号・謎の世界をを解いていくことに喜びを覚える科学者の一人。
 謎な生態、日々の私生活と研究生活、そして何気に読んだ本のことや日食観測者としての活動状況等々、書き綴っていきます。


にほんブログ村 科学ブログ 農学・森林学・水産学へ
にほんブログ村
 リンクはフリー、ブロ友はいつも募集中

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

カテゴリ

来室者数

月時計-LunarDial-

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

月別アーカイブ